• TOP
  • スポーツ
  • 大阪桐蔭「根尾も藤原も阪神に指名してほしくない」が本音か

スポーツ

2018.10.24 16:00  週刊ポスト

大阪桐蔭「根尾も藤原も阪神に指名してほしくない」が本音か

運命のくじ引きは…(時事通信フォト)

 10月25日のプロ野球ドラフト会議は「大阪桐蔭のためにある」といっても過言ではない。プロ野球志望届を提出した根尾昂、藤原恭大ら4選手に複数球団による上位指名が確実視され、まさに「プロ野球選手のエリート養成機関」と位置づけられるのは間違いない。ところが、同校関係者からはこんな本音が漏れてくるのだ。

「あそこには正直、指名してほしくない……」

 名指しされたのは、地元球団・阪神である。

「原因は同校出身の藤浪晋太郎への扱いです。根尾の世代は、大阪桐蔭が初めて甲子園の春夏連覇を果たした藤浪擁する2012年の“最強世代”を超えるべく厳しい練習に励んできた。その藤浪が阪神に潰されたのではないかという不信感が、大阪桐蔭の関係者には根強いんです」(大阪桐蔭関係者)

 入団1年目から3年連続2ケタ勝利を挙げていたものの、金本監督政権下の3年間では低迷。四球で失点を重ねた藤浪に対して、161球も投げさせる“懲罰登板”も物議を醸した。

「エースといえども、藤浪は初めてといっていい“壁”にもがいている最中でした。この登板後に二軍に降格した藤浪は、フォームを崩し、投球への不安を口にしていました。あれから2年が経ちましたが復活にはほど遠い」(スポーツ紙デスク)

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス