• TOP
  • 国内
  • 眞子さまの婚約延期、小室家だけを責めるのは筋違いか

国内

2018.12.08 07:00  女性セブン

眞子さまの婚約延期、小室家だけを責めるのは筋違いか

誕生日会見を開かれた秋篠宮さまと紀子さま(撮影/JMPA)

 11月30日に53才の誕生日を迎えられた秋篠宮さまは同22日、紀子さま(52才)とともに誕生日会見を開かれた。そこで、長女・眞子さま(27才)と婚約内定者の小室圭さん(27才)の結婚延期問題について、こう発言された。

《今でもその二人が結婚したいという気持ちがあるのであれば、やはりそれ相応の対応をするべきだと思います》
《やはり多くの人がそのことを納得し喜んでくれる状況、そういう状況にならなければ、私たちは、いわゆる婚約に当たる納采の儀というのを行うことはできません》

 報じられている小室さんの母・佳代さんの金銭トラブルについて、小室家側からの説明責任を指摘し、小室家に「ボール」を投げた形となった今回の会見だが、小室家ばかりに責任を負わせすぎではないかという声も聞こえる。

「そもそも、秋篠宮さまが小室さんについて、そうした事情まで把握した上で、結婚をお認めになるべきでした。“プライベートなこと”と少々、安易にお考えになっていた部分があったのではないか。

 身辺調査が不充分のまま、天皇陛下から裁可まで頂いてしまい、陛下まで当事者として巻き込んでしまった責任は、秋篠宮ご夫妻にもあるはずです。非常に注目度の高い会見の場で、小室家だけを責めるのは筋違いではないでしょうか。美智子さまも、その点についてご心配されているようです」(皇室関係者)

 会見では、紀子さまからこのようなご発言もあった。

《家族として非常に難しい状況の中にありますが、私は、長女の眞子がいとおしく、かけがえのない存在として感じられ、これからも、長女への思いは変わることなく、大切に見守りたいと思っております》

 皇室ジャーナリストは首をかしげる。

「ご自身の娘ですから、いとおしく感じられるのは当然のことでしょう。なぜ、あえて会見で話される必要があったのでしょうか。

 そもそも紀子さまが、眞子さまの交際相手が抱える問題を把握することができなかったのは、悠仁さまがご誕生されて以来、将来の天皇である悠仁さまの子育てや教育に熱心になる一方で、眞子さまと佳子さま姉妹へのかかわりが希薄になったことにも一因があるのではないかといわれています。

 そうした指摘もお耳に入っているため、あえて“いとおしい”と強調されたのかもわかりませんが、違和感を持って受け止めた関係者は少なくないようです」

 会見では佳子さまのご結婚について質問が出ており、紀子さまは次のように回答された。

《もし次女がそのような話がありましたら、次女の考えやその先の将来のことについての考えを聞いて、私も必要なところ、大事だと思うことがあれば、お互いの話合いの中で、気持ちや考えを伝えていきたいと思います》

 眞子さまの結婚問題への後悔が感じられる。眞子さまには、キャンパスの恋を成就させる道を認められたが、佳子さまの結婚に対しては、“口を挟みます宣言”をされたようなものだろう。

※女性セブン2018年12月20日号

関連記事

トピックス