• TOP
  • 国内
  • 退位イヤーを前に池上彰氏が解説「天皇とはどんな存在か」

国内

2018.12.20 07:00  週刊ポスト

退位イヤーを前に池上彰氏が解説「天皇とはどんな存在か」

NHK時代には宮内庁も担当(撮影/上野ヒトシ)

 この年末年始は日本人にとって特別な節目になる。あらゆる行事が“平成最後の”と形容され、いよいよ今上天皇から代替わりする日が近づいてくる。ここで少し考えたい。果たして我々はどれだけ「天皇」のことを知っているだろうかと。NHKの記者時代に宮内庁も担当した池上彰氏が、解説する。

 * * *
 いよいよ平成最後となる年末年始がやってきます。

 1月2日の一般参賀にはいつも以上の人が集まることでしょうし、私も取材に行くことを決めています。

 2019年4月30日に今上天皇は退位され、5月1日に新しい天皇が即位されます。2016年7月に「天皇陛下が生前退位の意向」とNHKがスクープしてから紆余曲折を経て、ついに退位イヤーを迎えるのです。

 天皇の退位があらかじめわかっていて、生前のうちに準備を重ねて代替わりするのは、現存する世界最古の王室としてギネスブックに登録される日本の皇室の長い歴史の中でも異例のことです。

 歴史的な退位に向けた最近の動きでひときわ注目すべきは、2018年11月30日に公開された秋篠宮53歳の記者会見です。

 秋篠宮さまは、2019年11月14日に行なわれる大嘗祭(だいじょうさい)について「宗教色が強い」として、公費支出に異議を唱えました。想定外の出来事に宮内庁記者は驚き、発言を大きく報じました。

関連記事

トピックス