• TOP
  • 芸能
  • 深田恭子、不動産会社会長との交際報道当日にお泊り密会

芸能

2019.01.16 16:00  女性セブン

深田恭子、不動産会社会長との交際報道当日にお泊り密会

杉本氏が待つハイヤーにスタッフにガードされ乗り込む深田

 1月7日の夜、ドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系)の収録が東京郊外で行われていた。ヒロイン役の深田恭子(36才)は、撮影の合間、少しでも時間ができるとスマホを取り出し、人目を避けるようにしてメッセージを打ち込んでいる。かと思うと、時計を見上げ、目を伏せる。誰かを待たせているのか、時間が気になって仕方がないようだ。

 収録が終わったのは夜も更けてから。スタッフに挨拶を済ませると、深田は慌ただしく車に乗り込んだ。車は一路、都心へ。そして深夜2時、東京・西麻布で車を降りた深田は、慣れた足取りで隠れ家バーへと入っていった──。

 この日、深田の熱愛がスポーツ紙で報じられていた。お相手は、不動産会社・シーラホールディングス会長の杉本宏之氏(41才)だ。この報道を受け、取材を受けた杉本氏は「プライベートなことはお答えできない」と回答。一方、深田の所属事務所は「食事は一緒にしたことがあるが、それ以上の関係はない」と“熱愛”を否定した。

「久しぶりの大物熱愛ニュースかと報道陣は色めき立ったのですが、事務所が即座に否定したので、“フライング報道”という声も出ました。こうした場合、双方が“プライベートのことなので”または“友人のひとり”などと、回答を揃えることはよくありますが、ここまで違う対応は珍しい。回答が異なるのは、双方の気持ちに“温度差がある”からでしょう。起業家である杉本氏が、話題作りのために“やらせ交際報道”を仕掛けたのではないかという声もあがりました」(芸能記者)

 深田にとっては知り合いのひとり、杉本氏にとっては恋人のつもり――そうした気持ちのすれ違いかと思われたが、しかしこの日、収録を終えて深田が向かったバーで、彼女の到着を待ちわびていたのは、その杉本氏だった。

 深田が店に入ってから1時間ほどすると、ふたり揃ってバーを出た。身長180cmほどの杉本氏と並ぶと、163cmの深田がかなり小柄に見える。

 ふたりは当たり前のように同じハイヤーに乗り込んだ。杉本氏の腕には、毛皮のようなものが抱かれているが、それは、深田の愛犬、トイプードルのメロンパンナちゃんだった。犬もすっかり気を許しているのか、嫌がる素振りなどを一切見せない。ふたりを乗せた車は、深田のマンションへ。

「深夜にごめんなさい!」

 深田はコンシェルジュに笑顔で挨拶し、杉本氏とエントランスをくぐった。翌朝、杉本氏は深田の部屋を出ると、そのまま会社へと向かっていった。

◆出会った当初は互いに別の恋人

関連記事

トピックス