• TOP
  • 国内
  • 日韓関係改善を願った今上天皇がのべられた「痛惜の念」

国内

2019.02.05 16:00  NEWSポストセブン

日韓関係改善を願った今上天皇がのべられた「痛惜の念」

「わが国は、遠くない過去の一時期、国策を誤り、戦争への道を歩んで国民を存亡の危機に陥れ、植民地支配と侵略によって、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えました。私は、未来に誤ち無からしめんとするが故に、疑うべくもないこの歴史の事実を謙虚に受け止め、ここにあらためて痛切な反省の意を表し、心からのお詫びの気持ちを表明いたします」(村山富市・内閣総理大臣/1995年8月15日)

「我が国は、かつて植民地支配と侵略によって、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えました。こうした歴史の事実を謙虚に受け止め、改めて痛切な反省と心からのお詫びの気持ちを表明するとともに、先の大戦における内外のすべての犠牲者に謹んで哀悼の意を表します」(小泉純一郎・内閣総理大臣/2005年8月15日)

 こうした正しい歴史認識と根気よい謝罪の積み重ねこそが、実は日本が真っ当な主権国家として自立するための「愛国的な行為」であり、その方針からの離脱は、逆に永遠の対米従属をもたらす道でしかありません。

*矢部宏治著『天皇メッセージ』(『戦争をしない国 明仁天皇メッセージ』増補改訂版。http://sgkcamp2.tameshiyo.me/MESSAGEで全文無料公開中)より

関連記事

トピックス