芸能

竹内結子と結婚・中林大樹、大火事から生還した「奇跡の子」

1月、竹内結子との焼き鳥デートをキャッチされた時の中林大樹

「大淀町が生んだスーパースターですよ。2年前には町の広報誌の表紙も飾っていて、知らない町民はいない。これまでのどんなドラマや映画の役よりも、今回の竹内さんとの結婚で、地元はすごい盛り上がりです」(地元住民)

「大樹くんは背が高くてカッコいいから、中学、高校でもすごく目立っていました。実家は製薬会社を経営していて、町でも屈指のお金持ちですが、大樹くんはそれをひけらかすことのない品のよいお坊ちゃま。

 3人兄弟の末っ子で、長男が製薬会社を継いでいます。ご両親は大樹くんがかわいくて、今もできる限りの支援はしているようです」(別の地元住民)

◆「とにかく明るい家庭を築いてほしい」

 さらに中林は、「奇跡の子」とも呼ばれていたという。

「大樹くんが赤ちゃんの時、中林さんの自宅が大火事になったんです。お母さんと大樹くんが2階に取り残されて、1階はすでに煙や炎が充満していた。大樹くんがその中を通るのは危険なので、お母さんが決死の覚悟で大樹くんを2階から放り投げ、下にいた消防団がキャッチしたんです。

 その後、お母さんも命からがら脱出して…豪邸が全焼するほどの火事だったから、逃げ遅れた2人が助かったのはまさに奇跡。界隈でこの話を知らない人はいないほど有名です」(前出・地元住民)

 母親と消防団のとっさの連携で、まさに九死に一生を得た中林。それだけに彼が『めぞん一刻』のオーディションを勝ち抜いた時には、地元では「やっぱり奇跡の子だ!」という声が上がったという。

 短期間で竹内のハートを射止めたあたりも、やはり“持っている”のかもしれない。

 だが、家族からしたら“想定外”という思いも…再び中林の父親が言う。

「大学は法学部だったから司法書士にでもなると思っていましたが、俳優とは…大樹は毎年、盆と暮れは帰ってきます。いつ戻ってきてもいいようにあの子の部屋もあるんですけどね…」

 竹内には最初の結婚相手である中村獅童(46才)の間に13才になる子供がいるが、中林とはすでに意気投合し、「3人一緒になれば楽しくなる」と話しているという。

「竹内さんのお子さんのことは知っていますが、それをどうこう言う時代でもありませんし、あの子が承知してやっていることですから応援したい。いつか孫の顔も見たいですけど…とにかく明るい家庭を築いてほしいですね」(中林の父親)

 家庭円満は奇跡ではなく必然として──。

※女性セブン2019年3月21日号

関連記事

トピックス

誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト
尹錫悦・大統領(右)の対日協調路線は、李在明氏の影響で…(写真=AA/時事、AFP=時事)
韓国・尹錫悦大統領、ライバル・李在明氏の国政進出で早くも反日転向か
週刊ポスト
悠仁さまはクラスに馴染もうとされているという(時事通信フォト)
悠仁さま「校内でも常に警護」 筑附名物行事中止で遠のく「高校デビュー」
週刊ポスト
良原安美アナ
『サンジャポ』抜擢のTBS・良原安美アナ 「読書家」の素顔明かす
NEWSポストセブン
二階派に動き?(時事通信フォト)
二階俊博・元幹事長に不気味な存在感 日韓関係修復で総理を出し抜く計画か
週刊ポスト
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
神戸山口組幹部自宅に車両突っ込み 分裂抗争再燃か、変化する六代目山口組の動き
週刊ポスト
妻・国分佐智子と歩く林家三平
国分佐智子の美貌健在「落語界一の美人妻」抱える林家三平にTikTokナンパ疑惑
NEWSポストセブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン
2009年、映画『カールじいさんの空飛ぶ家』いい夫婦プレミアム試写会に出席した上島夫妻
上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! RIZIN・榊原信行代表が疑惑に大反論ほか
「週刊ポスト」本日発売! RIZIN・榊原信行代表が疑惑に大反論ほか
NEWSポストセブン