国内

天皇陛下「象徴」模索の礎になった本と美智子さまに贈った本

1959年 成婚直後の両陛下(ullstein bild/時事通信フォト)

 天皇・皇后両陛下は、3月26日に奈良県、4月18日に三重県に足を運び、それぞれ神武天皇陵と伊勢神宮を参拝する。これが、退位前の最後の地方訪問となる予定だ。

 平成に入って以降、両陛下は47都道府県すべてを2度以上訪れている。行幸啓に際しては訪問先の歴史や文化についての書物や資料に細かく目を通すという。

「お迎えする自治体職員や地元住民も知らないような深い知識が、会話の中で飛び出すこともある。両陛下の研究熱心さと読書家ぶりにいつも驚かされます」(皇室記者)

 天皇陛下が10代の頃、教育係を務めたのが、かつて慶應義塾大学塾長だった小泉信三だった。当時、講義に用いた書物の中に、福沢諭吉の『帝室論』と、幸田露伴の『運命』があった。

「当時は戦後間もない頃。陛下は日本の皇室の置かれる状況が刻一刻と変わっていくのを、皇太子という立場から間近でご覧になっていました。

 小泉信三の講義では2冊をかわるがわる音読したといいます。皇室の存在意義や機能を論じた『帝室論』と、古代中国の明朝の建文帝を主人公に据えた『運命』は、立憲君主制という新時代を迎え、将来天皇になる陛下の“心構え”を築くのに影響したと言われています」(皇室ジャーナリスト・神田秀一氏)

 生まれながらに天皇になる運命を背負い、一方で終戦によって「天皇の位置づけ」が大きく変わった。そんな時代に、この2冊は、「象徴天皇」を模索する礎になったのかもしれない。

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
息の合ったコンビだった
『相棒』復帰の寺脇康文、登場シーンどうなる スーツ姿?警察学校で再教育?
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
すでに胴上げも(写真/共同通信社)
阪神逆転優勝「無理ではない」とOB 課題は鬼門の広島、心強い味方は巨人か
週刊ポスト
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト