スポーツ

イチロー引退、1973年生まれのロスジェネが受けた喪失感

数々の偉業を成し遂げて引退したシアトル・マリナーズのイチロー(時事通信社)

 イチローの引退でザワザワしたのは野球ファンだけではない。「1973年生まれ(同学年)の人々がどこかで心の拠り所にしていた存在が引退してしまった……」という喪失感を同年生まれの人々、特に男性は感じているのだという。第二次ベビーブーム世代でもっとも多い人数(209万人)が誕生した1973年生まれの編集者・中川淳一郎氏が、「1973年生まれの妙な連帯感と喪失感」について振り返る。

 * * *
 我々は団塊世代を除き、もっとも人数が多い年に生まれたため、常に受験でも就職でも競争が激しかったです。大卒が就職活動をしたのは1995年(現役)か1996年(一浪)が多いですが、悶絶の就活でした。定員は少ないにもかかわらず、応募者は猛烈に多いだけに、結局この時正規雇用で働けなかった同学年が今でも非正規で働いている状況です。

 先日、銀行かどこかの正社員の年齢別のグラフを見ましたが、40代がスッポリ抜けているんですよね。20代、30代、50代はそれなりの人数がいるのに、バブル崩壊後の採用者減のあおりを完全に食らった形です。そこから「失われた20年」の間に我々は20代、30代の「着々とキャリアアップをする」という青写真を達成できない状況になりました。

 しかし、就活市場が売り手市場になってから入って来た若者が着実に成長し、出世していく中、非正規の我々世代はそれを横目で見るしかなかった。小中学生の頃、アイドルは少し年上の中山美穂、中森明菜、小泉今日子などに加え、おニャン子クラブや岡田有希子、浅香唯といったあたりが大人気で、彼女達が固定化した人気を誇っていました。

 かつては「花の中3トリオ」(山口百恵、桜田淳子、森昌子)なんて存在もありましたが、「オレらの学年から誰も出てこねーじゃねーかよ!」なんて言っていた中、颯爽と現れたのが1974年生まれとはいえ、同学年の後藤久美子です。それに続いたのが宮沢りえで、この2人が当時の芸能界は席巻してくれたため一安心。しかし、この段階ではまだ女性が2人のため、男の中では「オレらの学年の男はダメなのかな……」なんて思っていたところ、突如として現れたのがイチローだったのです。

◆特別な存在である後藤久美子、宮沢りえ、イチロー、そしてもう一人

 私が大学2年生だった1994年、突如としてプロ野球史上初のシーズン200本安打を達成したイチローに我々は狂喜乱舞。以後、イチローは3年連続MVPを獲得し、「日本人野手は通用しない」と言われたMLBで見事にその定説を覆してくれました。

関連記事

トピックス

結婚相手について語った大谷翔平
《大谷翔平が電撃婚》新妻を待ち受ける「奥様会」と「過激ファン」の洗礼 田口壮夫人は「生卵をぶつけられた人もいた」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
2010年、慶応義塾大学を卒業した水卜麻美
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2010~2016】水卜麻美の世代には「視聴者の関心がアナウンサーとしての実力や親しみやすさに向き始めた」
週刊ポスト
「チョメチョメ」や昭和のスターや歌謡曲のオマージュなど小ネタが
いっぱいのドラマ『不適切にもほどがある!』に大ハマり中です!(番組のインスタグラムより)
【『不適切にもほどがある!』の魅力】昭和スターや歌謡曲オマージュも満載!“脚本のすべてを聞き逃したくない”から何度も見てしまう
女性セブン
政倫審もあれる中、岸田首相は大谷頼みで…
「大谷翔平結婚」で政倫審ウヤムヤにできた岸田首相、次はドジャース開幕戦のサプライズ観戦計画 “大谷頼み”が酷すぎる
NEWSポストセブン
結婚について語った大谷翔平(時事通信フォト)
《「いたって普通の人」》大谷翔平、お相手のパーソナリティーを一切明かさない“完璧な結婚報告会見”で見せつけた「格の違い」
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平が明かした結婚相手「普通の日本人」は7月にお披露目か 大物同僚妻との奥様会への参加はどうなる
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》「アナウンサーじゃなくて良かった」とファン安堵 大谷を守った“女性アナ隔離政策”
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》徹底した秘密主義で「このタイミング」だった理由「左手薬指へのキス」にファン違和感
NEWSポストセブン
【実例「おじさん構文」「おばさん構文」】LINEで世代間ギャップを生む“書き言葉”と“打ち言葉”の違い
【実例「おじさん構文」「おばさん構文」】LINEで世代間ギャップを生む“書き言葉”と“打ち言葉”の違い
マネーポストWEB