• TOP
  • 芸能
  • 萩原健一さん 最後の妻・冨田リカと出会い「人が変わった」

芸能

2019.04.04 16:00  女性セブン

萩原健一さん 最後の妻・冨田リカと出会い「人が変わった」

結婚前に横浜を堂々とデートするふたり(2010年8月)

「斎場には行ったけど、葬儀は簡単にバーッとやっちゃった。あまりに急なことで、何が何だかわからなかった」

 萩原健一さん(享年68)の兄は、本誌の取材に戸惑いを隠さずそうつぶやいた。3月26日、ショーケンの愛称で親しまれた萩原さんが亡くなった。

 その前日の午前10時過ぎ、取材のため萩原さんの自宅マンションを訪れた本誌・女性セブン記者の前に、けたたましくサイレンを鳴らした救急車が止まった。救急隊員が足早にマンションに入り、約15分後にストレッチャーと共に戻ってきた。その傍らで心配そうに付き添っていたのは、萩原さんの妻でモデルの冨田リカさん(57才)だった。

 記者が目撃した救急搬送からわずか24時間後、萩原さんは息を引き取り、その翌日には家族だけで火葬と密葬が営まれた。あまりの「スピード火葬」に、ある芸能事務所の幹部がため息交じりにつぶやく。

「ショーケンほどの大物芸能人なら、遺体と対面して直接お別れを言いたいという人はたくさんいます。“火葬する前に一本連絡ぐらいほしかった”と残念がる関係者は少なくありませんでした。なぜ遺族は火葬を急いだのか、ショーケンと親しかった人からは困惑の声が上がっています」

 萩原さんはGSブーム真っ只中の1967年にザ・テンプターズのボーカルとしてデビュー。その後は俳優業に転身し、『太陽にほえろ!』『傷だらけの天使』など多くのヒット作に出演した。

 私生活では、いしだあゆみ(71才)らと3度の結婚と離婚を経験して、大麻所持や飲酒運転、恐喝未遂で逮捕されたこともあった。

 そんな彼の最後の伴侶となったのがリカさんだ。カリスマ主婦モデルとして活躍していたリカさんに萩原さんが猛アプローチを繰り返し、2011年にふたりは結婚した。しかし、直後に萩原さんは、希少がんの1つである消化管間質腫瘍(GIST)を発症することとなる。

「結果的に新婚生活が闘病生活と重なりましたが、萩原さんは難病にかかってからも精力的に活動していました。今思えば、生き急いでいるようでした」(萩原さんの知人)

 4度目の結婚後、萩原さんの周辺は大きく変わった。

「もともと萩原さんは個人事務所で活動して経営陣を親族で固めていましたが、リカさんと結婚すると経営陣を一新し、リカさんの母親が代表取締役に就任して、リカさんも取締役に加わりました。さらに結婚当時住んでいた横浜の自宅を売却して都内に3億円ともいわれる豪邸を建てたものの、わずか1年で海外に生活の拠点を移したそうです。2年前に帰国してからは都内の高級マンションに住んでいましたが、リカさん名義で買ったものでした」(前出・知人)

 その後、萩原さんの個人事務所からリカさんとその母親が退任。事務所は第三者の手に移り、萩原さんは不動産も会社も持たない身となった。

 一方のリカさんは、幼児教育や不動産投資などを行う3つの会社で代表取締役や代表理事を務め、経営者としての辣腕ぶりを発揮していた。

「不動産の扱いや会社経営の手腕からわかるように、リカさんはかなりのやり手。萩原さんの知人には、“リカさんと出会って、無頼だったショーケンはすっかり人が変わった”と漏らす人もいました。彼女と結婚してから、萩原さんにはそれまでのようなトラブルがなくなりましたからね」(別の芸能事務所幹部)

※女性セブン2019年4月18日号

関連記事

トピックス