• TOP
  • 芸能
  • 高田文夫が言及 闇営業、蒼井優、爆問&オードリーの違い

芸能

2019.06.26 16:00  週刊ポスト

高田文夫が言及 闇営業、蒼井優、爆問&オードリーの違い

【5】演劇人であり喜劇人でありとにかく変人の清水宏が“日本スタンダップコメディ協会”なるものを勝手に立ちあげ傑作。6月5日、紀伊國屋ホールをのぞくと汗びっしょりで叫んでいる。「いいですか、皆さん。これからは右翼だ左翼だなんてもめてる場合じゃない。金持ちか貧乏か。上か下か。そう、我々貧乏演劇人は“下翼”なんです。最底辺なんです。50過ぎてノルマのチケット売らされて……下翼なんです」カヨク……この響きがなんとも面白い。

【6】平日の夕方TBSのニュース。大体4時半頃、天気予報士の森田さんとからむ小林由未子アナが優しい物言い。介護のようで可愛い。小林アナがいいと気付いたのはマスコミの中で私が初だろう。あぁ……森田さんになりたい。

【7】私とオードリーがはしゃぎ過ぎてるラジオを聞いて、爆笑問題の太田が自分のラジオで「高田センセー本当に嬉しそうだったな。あれは“幸せな晩年”だな(大瀧詠一は『幸せな結末』)。俺達爆笑とか浅草キッドとか松村邦洋には厳しいのに、オードリーとか神田松之丞は何でも可愛いんだよ。やっぱ孫がいいんだろうネ」その通り。

■イラスト/佐野文二郎

※週刊ポスト2019年7月5日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス