• TOP
  • 芸能
  • 高島忠夫さん、兄・政宏だけに自宅の一部を生前贈与の背景

芸能

2019.07.03 16:00  女性セブン

高島忠夫さん、兄・政宏だけに自宅の一部を生前贈与の背景

高嶋政伸は兄への生前贈与を知っていたのか

 東京・世田谷区の高級住宅街、約730平方メートルという広大な土地に高島邸は建っている。

「政宏さん、政伸さんが小さい頃に隣の土地も追加で購入し、今の広さになった。敷地内には戸建てが2棟建っています。以来、忠夫さんと寿美さんの共同名義で所有してきたのですが、今回、この土地の約200分の1の権利を政宏さんに贈与して、所有権者が政宏さんに変わりました」(前出・高島家の関係者)

 近隣の不動産業者によると、「土地の価格だけで2億~3億円」というから、200分の1の権利だと、100万~150万円ほどとなる。生前贈与のルールでは、年間110万円までは非課税なので、税金がかからない範囲で贈与を行ったのだろう。

 それでも気になるのが、「なぜ兄の政宏だけが権利を取得したのか」ということだ。事情に詳しい不動産関係者はこう語る。

「考えられるのは、『不動産の管理の強化』でしょう。ほんの一部でも所有しておけば、自分の許可なしに土地が売却できないように制約をかけることができます。

 高島家の場合、土地のすべての権利を寿美さんが相続したとすると、寿美さんの一存で売却可能ですが、政宏さんが一部でも共同所有していれば、そうはいかない。寿美さんが誰かに言いくるめられて土地を売却しそうになった場合にも、それにストップをかけることができます。

 たとえば、兄はその土地で母と同居するつもりなのに、弟は土地を売って現金で相続したい。兄のいないところで母をうまく説得して弟が土地を売ろうとしても、ほんの一部でも兄の持ち分になっていれば、そう簡単に売れないわけです。

 一般的にも、長男は親の自宅に住むことを主張し、次男は自宅売却して現金を分配してほしいと主張して、対立するケースは少なくない」

 高島家は兄弟が揉めないように、相続に関しては忠夫さんと話し合ってきたという。

「政宏さんの現在の住まいは忠夫さんが所有する億ションです。実家から車で20~30分ほどの距離ですが長年住んでいますし、政宏さんが相続するものと聞いています。

 一方の政伸さんは妻と1才の子供と賃貸暮らし。その代わりに高島家の個人会社を継ぐ形になったと聞きました。あとは現金や実家をその時々に応じて話し合って分け合おうということになっていたはずで、揉める要素はないはずですが…」(芸能関係者)

政宏は遺産を巡るトラブルを想定していたか

◆介護方針でギクシャク

 仲よし家族で知られてきた高島ファミリー。芸能界デビューは政宏が1987年、政伸がその翌年だった。

 私生活では政宏が2005年に女優のシルビア・グラブ(44才)と結婚すると、政伸は2008年にモデルの美元(みをん・40才)と結婚。だが政伸は泥沼裁判の末2012年に離婚し、2015年に14才年下の女医と再婚し、2017年には第1子が生まれた。忠夫さんは初孫誕生を喜んだというが、ファミリーの“すれ違い”は、この頃から進んでいた。

 一時はファミリーコンサートを定期開催するほどの仲よし家族として知られたが、2013年頃を境に兄弟の共演は途絶えた。今年5月には『女性自身』で、兄弟の意見が介護問題で食い違っていると報じられた。兄弟の確執が囁かれる中で生じた“贈与問題”――。

「今後、寿美さんがどこで生活を送っていくかというのがポイントでしょう。政宏さんの奥さんは女優として舞台が忙しいですし、政伸さんの奥さんは医師の仕事と子育てで忙しい。どちらかといえば政宏さん夫妻が介護を主導していくのだと思います」(高島家の知人)

 政宏と政伸は、今後の母の介護の方針を巡って意見の相違があったのかもしれないと、知人が続ける。

「たとえば、政宏さんは、母が50年以上慣れ親しんだ自宅で面倒を見てあげたいと考えている。一方で政伸さんは、老朽化した自宅よりも、家を売って、高齢者施設で安全安心に暮らしてほしいと思っている、という齟齬があったのかもしれません。

 そう考えると、忠夫さんの容体が悪化した後、政宏さんが土地の一部権利を取得していたことの説明ができます。相続人の兄弟がいるのに、兄だけが権利を持つのはフェアではない。政伸さんはこの土地の生前贈与を知らない可能性もあるでしょう」

 忠夫さんは天国で親指を突き立てて、「イェーイ」とはいかないかもしれない。

※女性セブン2019年7月18日号

関連記事

トピックス