• TOP
  • 芸能
  • 役者も演出家もこなす『時効警察』岩松了氏、劇作家への思い

芸能

2019.10.25 07:00  週刊ポスト

役者も演出家もこなす『時効警察』岩松了氏、劇作家への思い

劇作家、演出家、そして役者として活躍する岩松了

 劇作家であり演出家、そして役者でもある岩松了。取材に訪れたこの日は、役者に徹する1日だった。早朝から金曜ナイトドラマ『時効警察はじめました』(テレビ朝日系)のロケ現場に入った時効管理課熊本課長役の岩松は、他の役者たちとともに細かいカット割りを次々とこなしていく。

 前回の「時効警察」シリーズが終了したのは、2007年。実に12年ぶりの復活ということになる。オダギリジョー、麻生久美子をはじめ、ふせえり、江口のりこら出演メンバーは今回もほぼ同じ。役者たちの掛け合いの小気味よさ、ウィットなど、一級のコメディタッチも不変だ。12年もの歳月を経て、ドラマの新シリーズが放送されるのも珍しい。それほどこのコメディミステリーは、多くのファンをつかんできたということでもあるのだろう。岩松も「時効警察」の認知度の高さには驚かされてきたという。

「ニューヨークで鮨屋に入ったら、日本人の職人さんから帰り際に、『ありがとうございました、熊本課長』って言われたことがあったぐらい(笑い)。他にもちょこちょこドラマに出演してきたけど、この役が特に印象的なんでしょう」

 前回ドラマが始まったときに55歳だった岩松も、67歳になった。

「出演者みんなで久しぶりに会ったとき、最初のうちは、『変わらないね』なんて言い合ってたけど、収録が進むにつれて、『やっぱり年をとったね』と言うようになった(笑い)。そりゃそうですよね、今回から入った吉岡里帆は、前シリーズのとき、中学生だったと言ってましたから」

関連記事

トピックス