国内

小室圭氏、緊急帰国して「結婚再延期」を願い出る可能性も

第3のシナリオが浮上(共同通信社)

「秋篠宮殿下に『最後通告』を突きつけられた小室氏が年末に緊急帰国、秋篠宮ご夫妻に結婚の“再延期”を願い出る可能性があります」。そう語るのは、前出の皇室記者だ。

「一部では『2021年まで帰国はない』と報じられましたが、考えにくい。結婚反対の声が多い中、小室氏は眞子さまの揺らぐお気持ちを繋ぎとめるためにも、帰国して事態を打開する必要があるからです」

 その上で、小室氏はこんな青写真を描いているのではないかと推測するのだ。

「小室氏は2021年春まで米国の大学のカリキュラムがあり、その後にニューヨーク州の司法試験がある。急いで結婚しても就職先すら決まっておらず、時間的余裕が欲しいはず。弁護士資格を得るまで結婚を延期し、ニューヨークを拠点に眞子さまとの新婚生活を始めたいという思いもあるでしょう。英国の大学院で博物館学の修士号を取得して学芸員の資格を持つ眞子さまも、“元皇族”として現地の博物館職員や大学の特任研究員などで引く手あまたになるはずです」(同前)

 仮に再延期となれば、「女性宮家議論」にも大きな影響を与えることになる。

 11月9日、時事通信は〈女性皇族が結婚後も皇籍に残る「女性宮家」を容認する案が浮上している。早ければ14、15両日の大嘗祭後に検討を始める方針だ〉と政府の動きを報じた。

 現行制度では、一般男性と結婚した女性皇族は皇室を離れる。ただでさえ人数が少ない皇族の離脱を防ぐため、女性皇族が結婚後も宮家の当主として皇室に残れるようにする──これが「女性宮家創設」の議論だ。

関連記事

トピックス

河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
悠仁さまは天皇陛下から帝王学を学ばれていないが
悠仁さま“自由な選択”を尊重し、バドミントン部に入部か 帝王学への不安も
女性セブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン
阿武町のフェイスブックページ
TV界で言われる「4630万円誤送金は”数字”が取れる」、『ゴゴスマ』は視聴率上昇
NEWSポストセブン
「人妻じゃなくなる」発言をした華原朋美(オフィシャルブログより)
華原朋美、FCサイトで突然「人妻じゃなくなります。あと1時間で」宣言 事務所は「冗談です」
NEWSポストセブン
北条義時は小栗旬が演じる(C)NHK
『鎌倉殿の13人』三谷幸喜氏が初めて描く「勝ち組主人公」で注目集まるラスト
週刊ポスト
悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン