• TOP
  • 国内
  • 情報商材販売から特殊詐欺を経て殺人未遂を犯した男の転落

国内

2019.12.14 16:00  NEWSポストセブン

情報商材販売から特殊詐欺を経て殺人未遂を犯した男の転落

詐欺犯はそのときどきの時事ネタを絡めた嘘の話を持ち掛けてくる(写真はイメージ)

 子育て中の親は子供たちに「嘘つきは泥棒の始まり」と言い、平気で嘘をつくようになると泥棒も平気でするようになる、つまり嘘をつくのはよくないと戒める。それを守れず嘘をついて泥棒をするようになっても、人を襲ったり、殺そうとするところまでは至らないのが普通だと思われてきた。犯罪を実行するには高い壁が存在すると言われてきた。ところが最近は、その壁をいとも簡単に乗り越える元・普通の人たちがいる。ライターの森鷹久氏が、情報商材の販売から殺人未遂事件へと駆け抜けてしまった男の転落をたどった。

 *  *  *
「やばい奴だとは思っていましたが、まさかここまで…。奴に何があったのか、地元では誰も知る人はいません」

 タイの拠点から日本国内に特殊詐欺の電話をかけていた数十名の日本人が逮捕された事件で、アジトである部屋の契約に関わっていたとして逮捕された福岡県出身の男(30)が、今度は殺人未遂で逮捕された。昨年11月、仲間と共謀して、大阪市に住む男性の頭をバールで殴り殺害しようとした、というのだ。筆者も特殊詐欺事件の取材を続けており、男の人となりなどを関係者に聞き取っていた最中だったが、まさかと驚くしかなかった。冒頭のコメントは、男を知る福岡在住の知人男性によるもの。知人男性が続ける。

「昔から金にルーズなところはあったが、ひょうきんで後輩の面倒見も良かった。ただ、金でトラブって逃げるように広島あたりに行った後、人が変わったように、友達や後輩を”ビジネスしないか”と頻繁に誘っていた。奴に数十万円払ったとか、中には100万円近く預けた知人もいました。投資だということでしたが、よくわからないままに金を渡したそうです」(知人男性)

 周辺取材で、当時の男の財布が常に数十万の札束でふくれ上がっていたという複数の証言が出てきた。男から”ビジネス”に誘われた人々は、福岡・中洲のキャバクラなどで、一晩で数十万円をポンと支払う男を見て「金持ちだ」とか「俺も成功したい」と思い、金を預けてしまったのだという。男と共に「情報商材ビジネス」を手がけていたという男性・X氏が明かす。

関連記事

トピックス