• TOP
  • 国内
  • 謝罪で振り返る2019年 安倍首相、セブンペイ社長、関電社長他

国内

2019.12.22 16:00  週刊ポスト

謝罪で振り返る2019年 安倍首相、セブンペイ社長、関電社長他

ハンセン病患者・元患者の家族らと面会し、頭を下げる安倍首相(時事通信フォト)

 今年も多くの人が深々と頭を垂れた。ここでは政財界の主な謝罪会見を振り返ってみよう。

●“憲政史上最長在任日数宰相”の深いお詫び
・安倍晋三(首相)

 7月24日、ハンセン病患者・元患者の家族らと面会。国の隔離政策が生んだ被害について、「政府を代表して心から深くお詫び申し上げます」と頭を下げた。

●強面幹事長が仏頂面で書面を読み上げ謝罪
・二階俊博(自民党幹事長)

 10月13日、台風19号の被害について「まずまずで収まった」と発言。その2日後、「不適切だった」と納得していない表情ながら発言を撤回した。

●秋田まで出向いて頭を下げても地元はカンカン
・岩屋毅(前防衛相)

秋田まで出向いて頭を下げても地元はカンカン(写真/共同通信社)

 迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」配備計画に関する報告書に誤りがあった問題で、6月17日、秋田県庁を訪れ佐竹敬久知事に対してテーブルに手をつき謝罪。

●パーティで口が滑った“雨男”
・河野太郎(防衛相)

「雨男」はパーティで口が滑った(時事通信フォト)

 台風19号の被害が残るなか、10月28日のパーティで「私は地元で雨男といわれ、防衛相になってすでに台風が3つ」と発言。翌日、衆院安全保障委員会で陳謝した。

関連記事

トピックス