• TOP
  • 国内
  • 尾木ママ 「子どもたちが主役」の学校は学力が向上する

国内

2019.12.25 07:00  女性セブン

尾木ママ 「子どもたちが主役」の学校は学力が向上する

会場には幅広い世代が集まり、小・中学生の姿も多かった。なかには地方から駆けつけた人も(撮影/浅野剛)

 校則を全撤廃したことで話題の東京・世田谷区立桜丘中学校。その改革を実行した同中学校長の西郷孝彦さんの著書『校則なくした中学校 たったひとつの校長ルール 定期テストも制服も、いじめも不登校もない!笑顔あふれる学び舎はこうしてつくられた』も人気となっている。

 そんななか、桜丘中学校の保護者有志が教育の第一線に立つ4人によるトークイベントを主催(11月30日)。キャンセル待ちを含め約1000人が申し込み、今後の日本の教育について語り合った。

【講演会登壇者】

◆世田谷区立桜丘中学校長・西郷孝彦さん/養護学校(現:特別支援学校)を経て、都内で理科と数学の教員に。2010年より現職。常に生徒に寄り添い、「校則なくした中学校長」として知られる。著書に『校則なくした中学校 たったひとつの校長ルール』がある。

◆教育評論家・尾木直樹さん/法政大学名誉教授。中学、高校、大学で計44年間教壇に立つ。尾木ママの愛称で親しまれ、NHK Eテレ『ウワサの保護者会』などに出演。

◆麻布学園理事長・吉原毅さん/2010年に城南信用金庫理事長に就任し、相談役、顧問(現職)に。2017年に「原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟」創設。同年より麻布学園で現職。

◆世田谷区長・保坂展人さん/1996年に衆議院議員初当選。児童虐待防止法の成立(2000年)に携わる。総務省顧問を経て2011年より現職。教育ジャーナリストでもある。

 校則を全撤廃した桜丘中学校の学力は、世田谷区内でトップクラス。特に英語はダントツの成績だ。

「今の社会の問題は、子どもたちの自己肯定感が低いこと。自由を認めれば、子どもたちは自分を取り戻し、勝手に伸びていきます。実際、教員の言うことに反発もできる子ほど学力も伸びる」(西郷さん)

関連記事

トピックス