• TOP
  • 芸能
  • SPドラマで芥川を演じる松田龍平 「獣にならない」男の魅力

芸能

2019.12.30 16:00  NEWSポストセブン

SPドラマで芥川を演じる松田龍平 「獣にならない」男の魅力

 振り返ればデビューは中学3年生の時。大島渚監督に見初められ『御法度』という男色が一つのテーマである個性的な作品で新人賞を総嘗め。その後の快進撃はご存じの通り。『まほろ駅前多田便利軒』では松田龍平にしかないできない存在感を見せつけ、『舟を編む』では内向的な辞書編集者を見事に演じきりました。テレビでも、朝ドラ『あまちゃん』のミズタクや『獣になれない私たち』の恒星と、ドラマが終わった後も余韻を残すような個性的な人物像を作り上げたことは記憶に新しい。

 ちょっとオタクっぽくて内省的。がつがつしない植物系。クールなおとぼけ風。静けさと強さと純粋さが同居している人。そんな役をやらせたら今、右に出る人がいないのでは。父・松田優作があまりに有名だったので「サラブレッド俳優」とも言えるでしょう。しかし一番興味深い点とは、父のアクション俳優としての激しさや野性味と、龍平さんの持つ独特の静けさとの非対称性、かもしれません。

 松田優作といえばまずは刑事役に探偵役、そして野獣のような殺人鬼といった「激しい」イメージが浮かびます。精神と肉体の贅肉をそぎおとし、ソリッドな姿で鬼気迫る演技をする。後に『家族ゲーム』等で異色の役に挑戦していきますが、常に荒々しさだけは維持していた。

 松田龍平さんも父のDNAを当然ながら持っているのでしょう。しかし表には直接出さず。不可思議な平静さはむしろ、知性や深みや複雑さとなり視聴者の心を掻き乱すエネルギーになっています。そう、獣になれないのではなく、「ならない男の魅力」です。

 一方で、年下の俳優たちには「ヘイヘイ」と呼ばれているとか。飄々としたその仇名は、インパクト大。若い人に対しても偉ぶらない感覚からか、どんな風に呼ばれてもいいよ、というフラットさなのか。今後もヘイヘイと軽く呼ばれながらも、抑制し過剰にならない秘めたる過激な演技を、存分に見せて欲しいと思います。

関連記事

トピックス