• TOP
  • 国内
  • 女系天皇容認問題、ケント氏や田原氏を含めた侃々諤々意見

国内

2020.01.12 16:00  女性セブン

女系天皇容認問題、ケント氏や田原氏を含めた侃々諤々意見

令和初の新年一般参賀に姿を見せられた天皇ご一家(撮影/横田紋子)

 また、日本の皇位継承問題は男女平等とは切り離して考えるべきです。男女平等や多様性を声高に叫ぶ論は、『男子の継承者が少ない』という事態の後付けの理屈でしかない。また、生まれながらに皇族の身分にあり、政治活動や信教の自由、職業選択の自由も制限された立場にある以上、法の下の平等の例外的な存在と考えなければならない。そこに男女平等だけを持ち込む議論は矛盾しています」

 明治天皇の玄孫で作家の竹田恒泰さんもこう指摘する。

「男女平等が叫ばれる中、女性天皇を議論したい気持ちはわかりますが、女性皇族はむしろ天皇になる義務を『免除』されていると考えるべきです。愛子内親王殿下の将来を考えた時、天皇になった方が本当に幸せかまで思いを馳せてもいいでしょう。

 女系継承が2000年以上続いてきたならそれを守るべきと思いますが、過去、女系は1人もいないのだから議論の余地はありません」

 八木さんは、男性しか持たない「Y染色体」が受け継がれていることの正統性も訴えてきた。

「女性が持つ『X染色体』は、生殖細胞ができる時に、『交差』という現象が起きます。この時、途中に切れ目が入り、中身を一部交換したりしますが、Y染色体は一切交差しません。そのため、世代を経ても劣化せず純粋に受け継がれます。歴代天皇に受け継がれてきたY染色体を継承できるのは男系男子だけ。これは科学的に動かぬ事実です」

 動物行動学研究家でエッセイストの竹内久美子さんもこう付け加える。

「女性皇族と結婚した民間男性によって、事実上、皇室の乗っ取りにつながることもあり得ます。男女平等という安易な話ではなく、そこまで考えておく必要があるのです」

 諸外国の王室と比べて「伝統は守るべき」と力を込めるのは、日本に関する数多くの著書がある弁護士のケント・ギルバートさんだ。

関連記事

トピックス