• TOP
  • 芸能
  • 菅田将暉、実弟も紅白に出場していた 菅田家の成功哲学

芸能

2020.01.15 16:00  女性セブン

菅田将暉、実弟も紅白に出場していた 菅田家の成功哲学

次男が兄・将暉に発声法をアドバイスすることもあるという

 昨年大晦日の『第70回NHK紅白歌合戦』(NHK)に初出場し、米津玄師が作詞、作曲、プロデュースを手掛けた『まちがいさがし』を歌い上げた菅田将暉(26才)。その現場には、実の弟もいたという──。

「わが家からは長男の将暉だけでなく、次男(23才)も紅白に初出場したんですよ!」

 そう明かすのは、菅田将暉の父で経営コンサルタントの菅生新(すごうあらた)さん(60才)だ。

「放送後、『まちがいさがし』のダウンロードが急増し、オリコンのデジタルシングルランキングで通算5度目の1位を記録。菅田の歌声が視聴者の心に響いた何よりの証でしょう」(音楽関係者)

 初出場とは思えない堂々としたステージを披露したが、実は、弟も“紅白デビュー”していたという。

「次男は、RADWIMPSの『天気の子 紅白スペシャル』内の『グランドエスケープ』でバックコーラスとして出場したんです。正直、歌唱力は将暉も認めるほどですよ(笑い)」(新さん)

 大阪出身の菅田は、3人兄弟の長男。デビューのきっかけは、イケメン俳優への登竜門として知られる『ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』だが、大学2年生で20才の三男も、かつてこのコンテストに出場したこともある有望株だという。

 そして今回、紅白に出場した次男は、大学時代にアカペラグループに所属し、学生アカペラ全国大会で2年連続優勝した実績を持つ。その実力が評価され、出場につながったそうだ。

「昨年大学を卒業して企業に就職しています。営業マンとして全国各地を飛び回っていますが、今もアカペラグループで活動しています。将暉の紅白出場決定直後に次男の出場も決まり、家族全員で驚きました」(新さん)

 当日、菅田の両親は自宅のテレビの前で、2人の息子の晴れ舞台を見守ったという。本番では、偶然にも菅田の直前が次男の出番だった。

YouTube「こっちのけんと」でも有名な次男(写真/新さん提供)

関連記事

トピックス