• TOP
  • ライフ
  • 101歳の現役医師が実践する「死なない生活」密着ルポ

ライフ

2020.02.10 11:00  週刊ポスト

101歳の現役医師が実践する「死なない生活」密着ルポ

常に笑顔を絶やさない

 白衣姿で診察室の机に向かう背筋は伸び、快活な笑顔で患者に聴診器を当てる──101歳にして台湾で現役医師を続けている田中旨夫氏の日常だ。戦前に台湾で生まれた田中氏は、戦後沖縄で内科医として勤めた後、2年前に生まれ故郷の台湾に戻った。現在も流暢な台湾語で患者と向き合う。

『101歳現役医師の死なない生活』を上梓した田中氏の話を聞くべく台湾に飛ぶと、数々の「長寿の秘訣」が見えてきた。

 月~金曜日の午前中は台北市内の産婦人科医院「正生婦幼聯合診所」に勤務している田中氏。アンチエイジングに特化した科で、ホルモン注射など健康寿命を延ばす医療を担っている。記者が病院を訪れた日も、診察室でパソコンに向かいカルテを見ていた。

「働く場所、通う場所があると身体にスイッチが入るんですよ」(田中氏、以下同)

 治療効果を自ら証明し続ける田中氏の、健康長寿の秘訣は何なのか。

「ホルモン注射の効果もありますが、何より、『日々の生活』ですよ」

 田中氏の日常に“死なない習慣”のヒントがあるという。

◆「悠々自適じゃ物足りない」

関連記事

トピックス