• TOP
  • 芸能
  • 中居正広の退所会見を報じた各スポーツ紙の“論調変化”

芸能

2020.02.27 16:00  NEWSポストセブン

中居正広の退所会見を報じた各スポーツ紙の“論調変化”

中居正広の退所会見はどう報じられたか

 スポーツ紙の論調が変わりつつあるようだ。2月21日、中居正広が記者会見を開き、3月限りでジャニーズ事務所を退社し、4月から新会社『のんびりな会』を設立すると発表した。

 ここ数年、ジャニーズ事務所のタレントが独立すると、スポーツ紙にはネガティブな記事が目立っていた印象がある。

 2017年、SMAPのメンバーだった稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の退所が発表された時、『スポーツ報知』は当時の3人のレギュラー番組を挙げた上で、こう続けた。

〈これらは当然、ジャニーズ事務所所属タレントとして契約した仕事のため、独立後もそのまま契約が続くとは考えにくい。事務所との契約終了が9月8日とあって、各局の番組改編のタイミングとなる9月いっぱいで、全ての番組が終了する見込みだ。また、テレビ関係者によると、独立後2年間は番組に出演できない、というのが業界の暗黙のルール〉(2017年6月19 日付)

『スポーツニッポン』も、こう記述していた。

〈退社後の芸能活動が軌道に乗るかは不透明だ。テレビ局関係者は「事務所の影響力が強いテレビへの出番が減るのは間違いないでしょう」と話す〉(同日付)

 結果的に、香取の『SmaSTATION!!』は2017年9月限りで終了。2018年3月に草なぎの『『ぷっ』すま』(以上、テレビ朝日系)、香取の『おじゃMAP!!』(フジテレビ系)、2019年3月に稲垣の『ゴロウ・デラックス』(TBS系)も幕を閉じた。

関連記事

トピックス