• TOP
  • 国内
  • TVに頻繁に登場する感染症のプロ、人により発言が違う理由

国内

2020.03.09 11:00  週刊ポスト

TVに頻繁に登場する感染症のプロ、人により発言が違う理由

各局にハシゴ出演(2月28日放送の『羽鳥慎一モーニングショー』より)

 新型コロナウイルスへの恐怖が増幅する中、テレビのニュースやワイドショーが発信する情報が注目を集めている。中でも大きな存在感を放つのが“感染症のプロ”として解説するコメンテーターたちだ。

 医療関係の識者は多いが、「感染症の専門家」がこれほどテレビを賑わすのは、かつてなかったこと。未曾有の危機に対し、専門家の見解は一致するかと思いきや、そのコメントを精査すると、発言の方向性の違いは鮮明になる。

 たとえば『スッキリ』(日本テレビ系)に頻繁に登場する東京歯科大学教授(呼吸器内科部長)の寺島毅氏。日本での感染拡大前の2月10日の同番組では、中国政府が発表した「エアロゾル感染」(空気感染)の可能性を「現在の感染力から考えてエアロゾル感染とは思えない」と否定。専門家としての見識を示した。また、一斉休校要請については「全く感染者が出ていない都道府県では先手過ぎる」(2月28日放送)とした。

 医療現場の実状を熱心に訴えるのが内科医で池袋大谷クリニック院長の大谷義夫医師。『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)などに出演し、「うちの医院でも新型肺炎の疑いがある患者がいるが、検査を断わられた」(2月25日放送)と検査体制不足を訴えた。

 他にも感染症専門の松本哲哉・国際医療福祉大学主任教授、山野美容芸術短大客員教授で医学博士の中原英臣氏など様々な識者たちが登場するが、とりわけ視聴者の注目を集めたのは、白鴎大学特任教授の岡田晴恵氏だ。

 騒動初期から一貫して「(クルーズ船乗客の)全員検査」を訴えた国立感染症研究所の元研究員である。出演ごとに洋服やメガネ、髪型を変えるファッショナブルさも相まって、主婦層に高く支持されている。

関連記事

トピックス