• TOP
  • 芸能
  • 日本の歌謡界を席巻した「昭和54年のゴダイゴ旋風」

芸能

2020.06.06 16:00  NEWSポストセブン

日本の歌謡界を席巻した「昭和54年のゴダイゴ旋風」

ゴダイゴはいかにして日本の歌謡界を席巻したのか(1999年の再結成時。時事通信フォト)

 昭和の人気音楽番組『ザ・ベストテン』(TBS系)の再放送が、6月20日からCS・TBSチャンネル2で始まる。1回目は昭和55年12月25日放送分と発表された。この年、田原俊彦や松田聖子が台頭。アイドル黄金時代の幕開けとなった。その前年はニューミュージック全盛期であり、昭和50年結成のゴダイゴが突如大ブレイクを果たした。『ザ・ベストテン』(TBS系)に詳しいライターの岡野誠氏が“昭和54年のゴダイゴ”を振り返る。

 * * *
〈これがうまくいかなかったら解散しようと思ってました〉(平成17年12月8日・スポーツ報知)

 ゴダイゴは昭和51年のデビューシングルから英語詞にこだわっていたが、売上は低迷。1枚目の『僕のサラダガール』はオリコン37位になったが、それ以降は100位以内に入れなかった。昭和53年、ドラマ『西遊記』(日本テレビ系)の主題歌の依頼が舞い込む。冒頭の決意を滲ませていたタケカワユキヒデは、『ガンダーラ』でヒットを狙いに行った。

〈曲は雄大な砂漠をイメージしました。最初はサビの部分をマイナー(短調)に、残りはメジャー(長調)にしたが、プロデューサーから「全部マイナーに」と言われた。2、3回書き直したかな。「ああ、歌謡曲になっちゃう」とも思ったけれど、抵抗はしなかった。英語と日本語の歌詞を作ったけど、「シングルは日本語で歌うよ」って受け入れた〉(平成25年5月15日付・朝日新聞)

 アメリカのバークリー音楽大学出身のミッキー吉野は編曲する時、細部にこだわった。

〈ヒットソングのデータ/黄金律を全部集約させて「ガンダーラ」に注ぎ込みました。テンポや間奏の長さもアルバムとシングルは少し変えました。歌が始まる直前のスネアの叩き方まで指示するわけだから少し異常でしょ〉(平成27年10月発行『ミッキー吉野の人生(たび)の友だち』・シンコーミュージック)

 ミッキー吉野は発売時期やプロモーションも綿密に練り、曲が売れているうちに新譜を出した。昭和53年10月1日に『ガンダーラ』を発売した後、同年のクリスマスに『モンキー・マジック』をリリース。この作戦が的中して『ザ・ベストテン』で2月15日から4月5日まで8週連続で2曲同時ランクインし、“ゴダイゴ旋風”が巻き起こった。

関連記事

トピックス