• TOP
  • 芸能
  • 柏原芳恵 事実婚の22才年上夫が白血病患い献身介護の日々

芸能

2020.11.20 07:00  女性セブン

柏原芳恵 事実婚の22才年上夫が白血病患い献身介護の日々

 大阪から単身上京して6年、20才になった柏原は両親に5LDKの家をプレゼントするほどの売れっ子となった。

「デビュー後はトップアイドルとしてだけでなく歌手や女優、グラビアモデルとしても幅広く活動して多忙を極め、25才のときには自由を求めて突然姿を消したことがあります。そのときは南の島に逃亡したそうですよ(笑い)」(前出・音楽関係者)

香港で出会った22才年上男性と事実婚

 浩宮さまに見初められたことから、「ロイヤル・アイドル」とまで称された柏原だが、異性関係がゴールに結びつくことはなかった。これまでマスコミから何度も「結婚しないの?」と尋ねられても、現在まで独身を貫いている。

「交際報道はたびたびありましたが、彼女の場合は決まって年上がお相手でした。最初の噂は当時所属していたプロダクションの20才ほど年上の社長で、次が1才年上の歯科大生。その後、俳優の宅麻伸さん(64才)とも浮き名を流しましたが、結婚にはいたりませんでした」(芸能記者)

 しかしその裏には、ある年上男性との長きにわたる禁じられた恋が存在する。1990年、柏原はVシネマの撮影で出かけた香港で、アクション監督兼俳優として活躍していたK氏と運命の出会いを果たした。

「Kさんは芳恵さんの22才年上で、出会った頃のふたりは20代半ばと40代後半。その翌年に日本と香港の合作映画『メイプル・オン・ファイアー』の監督と主演女優として再会し、2か月にわたるロケの最中に急接近しました」(前出・音楽関係者)

 年齢差をものともせず深い仲となったふたりだが、異国で芽生えた恋には大きな障害があった。このとき、K氏には妻と2人の子供がいたのだ。

「Kさんの奥さんは中国籍の女性で、香港での撮影時は親身になって、英語と中国語が不自由な芳恵さんの世話をしていました。芳恵さんも奥さんを慕い、『ママ』と呼んでいたほどです。もちろん奥さんは夫と芳恵さんが男女の関係になったことを知りませんでした」(前出・音楽関係者)

 その後、事態は急展開を見せた。香港の芸能誌が柏原とK氏の関係を報じ、不倫が妻にバレてしまったのだ。

「Kさんは奥さんを見捨てるかたちで、芳恵さんを追い、はるばる日本にやって来ました。芳恵さんも“運命の相手”を受け入れて、ふたりは東京で同棲を開始。突然の不倫略奪同棲は日本でも大きく報じられ、詳細を知ったKさんの奥さんは、『恩を仇で返した!』と芳恵さんを恨んだそうです。その後、Kさんと奥さんは離婚協議を始めましたが、2人の子供のこともあり、なかなかうまく進まなかった。

 それに香港の法律では離婚した人は最長で5年間は再婚できない規定があり、芳恵さんとKさんは正式に結婚することができず、事実婚状態となりました」(芸能関係者)

関連記事

トピックス