芸能

『ザ・ベストテン』40%超え神回プレーバック 山本譲二が激昂した理由

堀江淳

思い出を語る堀江淳

「この回の生中継のイメージが強かったせいか、いまだによく『国鉄のかたですよね』と言われるんです。『サヨナラ模様』がヒットした国鉄職員の伊藤敏博さんと間違われるんです(笑い)。“ザ・ベストテン歌手”と言われるのは誇りですが、ぼくは旅先からの生中継が多く、スタジオに1回しか行けなかったのが残念です」

 続いて、再びスタジオに戻り、第8位の郷ひろみ(66才)が『もういちど思春期』を熱唱。そして、CMとトークを挟み、7位と6位の発表。

「今週の第7位は、山本譲二さん『みちのくひとり旅』6846点~。続いて今週の第6位は『まちぶせ』石川ひとみさん、7489点~」と久米が声を張ると、ミラーゲートから山本譲二(71才)と石川ひとみが一緒に登場して応接セットへと歩み寄る。「いらっしゃいませ。山本さんは2つ順位が上がりました」と黒柳。

 そして、3日後に22才の誕生日を迎える石川が、名古屋の母親と電話でつながれると、唐突に寸劇が始まった。当時、石川が同番組で披露するこうした“小芝居”がウケていて、この回では黒柳や山本も巻き込んでの一幕となった。

 石川がカメラ目線で「みんな、家族っていったい何なの?」と問いかけると、石川の母が「まー、ひとみももうそんなことを考える年になったのね」と応じ、兄役の山本が「兄さんはこう思う。家族っていうのは愛で結ばれた仲間さ」。しかし、おば役の黒柳が「何が愛よ、何が仲間よ。人間なんてしょせんひとり。あなたたちは、まだ子供ね」。

石川「おばさま、ひどい! おばさまは長い間ひとりで暮らしてこられたから、家族の意味がわからないんだわ。もう、おばさまの顔見たくない!」

 山本が激昂、黒柳が泣く。

石川「私が悪かったわ。おばさまの人生。兄さんの人生。みんな一生懸命、歯を食いしばって生きているんだわ。みんな、そうでしょう””」

 石川が「どんなにつらくても負けちゃいけない。愛があれば。夜が明けたわ。私たちの夜明けよ」と語ると光が差し込み、一幕が終わる──と次の瞬間、冬景色のセットに切り替わり、山本がシリアスに情感を込めて『みちのくひとり旅』を歌い出す。続いて、霧の奥にある赤いリボンのボックスからのびた白い階段で石川が歌い、背後で踊り子が妖精のように踊る。

 ちなみに、掲載した画像は、この回の担当美術デザイナー・金子俊彦さんが描いたセットのデッサン画だが、それぞれの曲の世界観を美術セットが絶妙に再現していることがわかる。

歌手たちの思い

 この“神回”に登場した3人の歌手に『ザ・ベストテン』への思いを聞いた。まずは、『メモリーグラス』が第9位にランクインした堀江淳はこう話す。

関連キーワード

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
息の合ったコンビだった
『相棒』復帰の寺脇康文、登場シーンどうなる スーツ姿?警察学校で再教育?
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
すでに胴上げも(写真/共同通信社)
阪神逆転優勝「無理ではない」とOB 課題は鬼門の広島、心強い味方は巨人か
週刊ポスト
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト