「感染予防を強化すべき」と語る岡田晴恵・白鴎大教授

岡田晴恵・白鴎大教授

 総務省消防庁は1月23日までの1週間で救急患者の搬送先がすぐに決まらない「救急搬送困難事案」が4950件あったと発表した。これは第5波の最中だった昨年8月中旬を上回って過去最多を更新している。

 昨年8月には、自宅療養していた千葉県の妊婦が入院の受け入れ先が見つからず自宅で出産、新生児が亡くなるという問題が起きた。国立成育医療研究センターなどの研究グループが昨年4月までのデータを分析した結果、新型コロナに感染した妊婦は酸素投与が必要な中等症以上になった割合が約10%で、同世代女性より症状が重くなる傾向があることがわかった。岡田氏が続ける。

「第6波のピークを迎えるなかで、こうした事態から目を背けずに、感染した妊婦さんを診る産科病院をホームページで広く公開するなど、第5波の教訓を生かすべきです。

 そして3回目ワクチン接種、検査の拡充、さらに患者が増えた場合の大規模集約医療施設の準備、抗ウイルス薬などの治療薬の確保を至急行なうべきです。私の言っていることは2年前から変わりません」

(了。第1回から読む

【プロフィール】
岡田晴恵(おかだ・はるえ)/共立薬科大学大学院修了後、順天堂大学で医学博士を取得。国立感染症研究所、ドイツ・マールブルク大学医学部ウイルス学研究所、経団連21世紀政策研究所などを経て、白鴎大学教授。専門は感染免疫学、公衆衛生学。テレビやラジオへの出演、専門書から児童書まで幅広い執筆などを通して感染症対策に関する情報を発信している。

※週刊ポスト2022年2月11日号

関連記事

トピックス

「体力的、筋力的に落ちている」と発表
中居正広が休養期間を延長 想定外の長時間だった手術と独立後に抱えていたストレス
女性セブン
芸能界にもギャラ飲みを活発に行う女子たちがいるという(写真はイメージ/AFLO)
国民的アイドルOBやグラドルも参加 国税が「ギャラ飲みにメス」で震える芸能人たち
NEWSポストセブン
大久保で買ったというペアルックのスタジャン姿の、坂口杏里(左)と進一さん
坂口杏里、“睡眠薬横流し疑惑”を完全否定「家のどこかに置いたままです」
NEWSポストセブン
少なくない額の借金もあった志垣さん
志垣太郎さん 数千万円単位の借金、『半沢直樹』降板騒動…苦しみの晩年
女性セブン
学生時代の三浦容疑者(SNS「mixi」より)
寝た園児に「ご臨終です」虐待逮捕の元保育士 SNSには「ちびたちが大好きなやつです」
NEWSポストセブン
山崎静代と婚約相手
「南海キャンディーズ」しずちゃん(43)が結婚宣言、お相手は4歳年上で「R-1グランプリ」出場の紙芝居詩人
NEWSポストセブン
K
globe・KEIKOが新曲発表へ 小室哲哉がレコーディングに参加も“共演NG”状態
女性セブン
なぜ選手個人のアカウントに批判コメントを投稿するのか(写真前列左から2人目が吉田選手。Getty Images)
森保一監督、選手に求めた自己犠牲の精神 主張の強い海外組をまとめた「交際術」
女性セブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン