芸能

小林麻耶、福原愛、木下優樹菜…有名人の「家族内ゴタゴタ」を検証する

ブログを更新し続けている小林麻耶

海老蔵への告発を続ける小林麻耶

 有名人につきものなのが“家族内のゴタゴタ”。なかでも小林麻耶による“海老蔵批判”は多くの人から注目を集めている。そこで、放送作家でコラムニストの山田美保子さんが、有名人一家のゴタゴタについて分析する。

 * * *

“ときぐすり”が効いてきて、やっと本音を吐露

 突然始まった小林麻耶サン(42才)による市川海老蔵サン(44才)への攻撃に戸惑っているかたは多いのではないでしょうか。

 ご家族内のことなので、本当のところは部外者にわかるハズもありませんし、ああやってYouTubeで暴露するしか方法がなかったと麻耶サンが言うのであれば、それは悲しい。

 でも「気持ちはよくわかる」というのが現在のところの私の本音です。

 私は麻耶サンがテレビに出るきっかけとなった『恋のから騒ぎ』(日本テレビ系)の構成作家の1人でしたから、同番組のオーディションを受けに来てくれた大学2年生のときから彼女を見続けてきました。

 麻耶サンの“ぶりっ子”ぶりが同期メンバーから理解されなかったり、その言動に怒った泉谷しげるサン(73才)から椅子を投げられそうになったりした迷場面も間近で見ていました。明石家さんまサン(66才)から贔屓されているのではないかとのウワサに悩んだりツラかったりしたことも知っていましたが、彼女は本当にがんばり屋さん。最後まで出演してくれたのです。

 翌年、妹の小林麻央さん(享年34)が『~から騒ぎ』に出演するようになってからは、自分が麻耶サンからいかに溺愛されていたり、「クリスマスは彼氏より姉や家族と過ごすのが好き」と目を輝かせたりする麻央さんに、さんまサンが「ほんまかぁ?」と大袈裟に驚いていたことも(笑い)。麻耶サンと麻央さんを中心に小林家は本当に仲のよい家族だったのです。

 それがいまはどうでしょう。麻耶サンの言葉を100%信じるならば、お母さまは海老蔵サンに洗脳され、お父さまから麻耶サンは絶縁された……と。

 大きな悲しみに打ちのめされたとき、人は、千々に乱れる自分の感情のすべてに向き合うことも、悲しみを憎しみに転換することも、すぐにはできないものです。“反撃”を思いついたところで、それをすぐに行動に移せるエネルギーを持ち得る人というのも、そうはいないのでは?

 たとえば夫を略奪されて、すぐに相手女性を訴えることに気持ちをシフトさせられる人は、本当にすごいと思う。金銭や財産をだまし取られ、すぐに裁判を起こせる人も同様です。

関連記事

トピックス

食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん「弁護士事務所で新たな職務」元銀行勤務の能力が高く評価されたか
NEWSポストセブン
ゆきぽよと
ゆきぽよ「14才年上ラッパー彼氏」と原宿で「のむヨーグルト」ごくごくデート
NEWSポストセブン
横綱昇進時の照ノ富士と伊勢ヶ濱親方
照ノ富士の師匠・伊勢ヶ濱審判部長に「取組編成が納得できない」の声が続出するワケ
NEWSポストセブン
どんなに慎重を期しても、引き上げ作業には落下のリスクがあるという(時事通信フォト)
知床遊覧船、引き揚げ作業中に落下 税金からの追加出費は「発生せず」と海上保安庁
週刊ポスト
美しさと強さを兼ね揃えたソダシ(騎乗は吉田隼。時事通信フォト)
ニューヨークタイムズで特集された純白の競走馬・ソダシ 「強い白毛馬」育てたオーナーの執念
NEWSポストセブン
代役も2・3番手もOK!ロンブー淳、MC以外で求められる信頼感
代役も2・3番手もOK!ロンブー淳、MC以外で求められる信頼感
NEWSポストセブン
「やんばる」では過激な抗争が繰り広げられていた(1992年の暴対法施行時に聴聞を受けた旭琉会幹部。写真/共同通信社)
本土復帰50年『ちむどんどん』では描かれない沖縄ヤクザの裏面史【前編】
週刊ポスト
RAD野田洋次郎と馬場ふみか
RAD野田洋次郎、 馬場ふみかとクラブ3軒はしごで音楽を愛した夜 所属事務所は「以前からのお友達」
NEWSポストセブン
小室圭さんの未来は明るい
小室圭さん「3度目司法試験、万が一失敗」でも安泰か 現地日本企業が熱視線
NEWSポストセブン
赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン