芸能

雅子さま、完璧主義でも「いつも時間が足りない」ジレンマ タイムスケジュールの管理が唯一の課題

国際親善におけるご活躍が期待されている(10月、鹿児島県鹿児島市。写真/JMPA)

国際親善におけるご活躍が期待されている(10月、鹿児島県鹿児島市。写真/JMPA)

「もう還暦ではなく、まだ還暦という思いでおります」──2020年2月、還暦を迎えられた年のお誕生日会見で、天皇陛下はそう答えられた。2023年7月の厚労省の発表によれば、日本人の平均寿命は、男性において81.05年、女性において87.09年。60才は初めての長寿祝いの節目ではあるものの、陛下が「まだ還暦」と表現されるのもうなずける。12月9日、60才を迎えられる雅子さまは、還暦を機に新たな扉を開かれるだろうか。

 雅子さまは、お誕生日に際して、2002年以来毎年、一年を振り返る「ご感想」を文書で公表されてきた。

「還暦という大きな節目ですから、皇太子妃時代のような会見形式を望む声もありました。一方で、皇后のお誕生日会見は、美智子さまもされてこなかったので、難しいのではないかという見方もありました」(皇室記者)

 そこで、宮内庁担当記者からの質問に対する文書回答の形式はどうかという提案はあったものの、最終的には「ご感想」が発表されることとなったという。

「雅子さまは責任感の強いお方ですから、慣れているご感想の形式の方が、より完成度の高い文書にできるというご判断なのかもしれません。雅子さまは例年、発表直前まで内容の推敲を重ねられています。あまりに没頭されて、時には予定された提出時刻を超えることもあるそうです。2023年はコロナ禍による行動制限も緩和され、いつになく振り返る事柄も多いでしょうから、目下、内容を精査されていることでしょう」(宮内庁関係者)

 この一年、雅子さまは、充実した時間を過ごしてこられた。6月のインドネシア訪問は、雅子さまにとって、国際親善目的の海外訪問として21年ぶり。また、国内の公務も精力的にこなされ、いわゆる「四大行幸啓」はすべて現地に足を運ばれた。

「いずれも宿泊を伴う必要のある開催地でした。しかし、1泊2日の日程でもお疲れの様子は見受けられなかった。石川訪問ではあいにく飛行機の機材トラブルに見舞われましたが、そのときも雅子さまは動じることなくすべてのスケジュールをこなされました。以前の雅子さまと比較すると、ご体調不安はほぼ払拭されたといっても過言ではないでしょう」(前出・宮内庁関係者)

 4年ぶりとなった那須御用邸でのご静養では、JR那須塩原駅前に集まった人らと交流された。

「ご一家のお写真を使ったお手製のカレンダーをにこやかに受け取られたり、お話に夢中になられたのか、植木につまずかれて照れ笑いを浮かべられたりと、雅子さまの素顔が垣間見える一幕でした。歓迎を実感されることで自信を深められて、お出まし先での自然な笑顔が増える、いいサイクルができているのではないでしょうか」(前出・宮内庁関係者)

 休養されていた期間の“空白”を埋められるかのように、熱心に皇后としてのご活動に取り組まれている雅子さま。しかし、なぜか「いつも時間が足りない」というジレンマに陥られているという──。

関連記事

トピックス

羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
古手川祐子
《独占》事実上の“引退状態”にある古手川祐子、娘が語る“意外な今”「気力も体力も衰えてしまったみたいで…」
女性セブン
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
女性セブン
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。  きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。 きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
NEWSポストセブン
今年の1月に50歳を迎えた高橋由美子
《高橋由美子が“抱えられて大泥酔”した歌舞伎町の夜》元正統派アイドルがしなだれ「はしご酒場放浪11時間」介抱する男
NEWSポストセブン
入社辞退者が続出しているいなば食品(HPより)
「礼を尽くさないと」いなば食品の社長は入社辞退者に“謝罪行脚”、担当者が明かした「怪文書リリース」が生まれた背景
NEWSポストセブン
STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
入社辞退者が続出しているいなば食品(HPより)
いなば食品、入社辞退者が憤る内定後の『一般職採用です』告知「ボロ家」よりも許せなかったこと「待遇わからず」「想定していた働き方と全然違う」
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン
ムキムキボディを披露した藤澤五月(Xより)
《ムキムキ筋肉美に思わぬ誤算》グラビア依頼殺到のロコ・ソラーレ藤澤五月選手「すべてお断り」の決断背景
NEWSポストセブン
大谷翔平を待ち受ける試練(Getty Images)
【全文公開】大谷翔平、ハワイで計画する25億円リゾート別荘は“規格外” 不動産売買を目的とした会社「デコピン社」の役員欄には真美子さんの名前なし
女性セブン