芸能

雅子さま、完璧主義でも「いつも時間が足りない」ジレンマ タイムスケジュールの管理が唯一の課題

国際親善におけるご活躍が期待されている(10月、鹿児島県鹿児島市。写真/JMPA)

国際親善におけるご活躍が期待されている(10月、鹿児島県鹿児島市。写真/JMPA)

「もう還暦ではなく、まだ還暦という思いでおります」──2020年2月、還暦を迎えられた年のお誕生日会見で、天皇陛下はそう答えられた。2023年7月の厚労省の発表によれば、日本人の平均寿命は、男性において81.05年、女性において87.09年。60才は初めての長寿祝いの節目ではあるものの、陛下が「まだ還暦」と表現されるのもうなずける。12月9日、60才を迎えられる雅子さまは、還暦を機に新たな扉を開かれるだろうか。

 雅子さまは、お誕生日に際して、2002年以来毎年、一年を振り返る「ご感想」を文書で公表されてきた。

「還暦という大きな節目ですから、皇太子妃時代のような会見形式を望む声もありました。一方で、皇后のお誕生日会見は、美智子さまもされてこなかったので、難しいのではないかという見方もありました」(皇室記者)

 そこで、宮内庁担当記者からの質問に対する文書回答の形式はどうかという提案はあったものの、最終的には「ご感想」が発表されることとなったという。

「雅子さまは責任感の強いお方ですから、慣れているご感想の形式の方が、より完成度の高い文書にできるというご判断なのかもしれません。雅子さまは例年、発表直前まで内容の推敲を重ねられています。あまりに没頭されて、時には予定された提出時刻を超えることもあるそうです。2023年はコロナ禍による行動制限も緩和され、いつになく振り返る事柄も多いでしょうから、目下、内容を精査されていることでしょう」(宮内庁関係者)

 この一年、雅子さまは、充実した時間を過ごしてこられた。6月のインドネシア訪問は、雅子さまにとって、国際親善目的の海外訪問として21年ぶり。また、国内の公務も精力的にこなされ、いわゆる「四大行幸啓」はすべて現地に足を運ばれた。

「いずれも宿泊を伴う必要のある開催地でした。しかし、1泊2日の日程でもお疲れの様子は見受けられなかった。石川訪問ではあいにく飛行機の機材トラブルに見舞われましたが、そのときも雅子さまは動じることなくすべてのスケジュールをこなされました。以前の雅子さまと比較すると、ご体調不安はほぼ払拭されたといっても過言ではないでしょう」(前出・宮内庁関係者)

 4年ぶりとなった那須御用邸でのご静養では、JR那須塩原駅前に集まった人らと交流された。

「ご一家のお写真を使ったお手製のカレンダーをにこやかに受け取られたり、お話に夢中になられたのか、植木につまずかれて照れ笑いを浮かべられたりと、雅子さまの素顔が垣間見える一幕でした。歓迎を実感されることで自信を深められて、お出まし先での自然な笑顔が増える、いいサイクルができているのではないでしょうか」(前出・宮内庁関係者)

 休養されていた期間の“空白”を埋められるかのように、熱心に皇后としてのご活動に取り組まれている雅子さま。しかし、なぜか「いつも時間が足りない」というジレンマに陥られているという──。

関連記事

トピックス

結婚の報道が世界中で注目された大谷翔平
《新婚生活の行方》大谷翔平、現実的には難しい「妻をずっと隠す」、“表に出ざるを得ない”アメリカ特有の事情も
NEWSポストセブン
結婚を電撃発表した大谷(時事通信)
《パーカー紐の蝶々結び》大谷翔平と「結婚相手の有力候補年下女性」を結ぶ“匂わせサイン”SNSでは「お揃いのオーダーメイドシューズ」が話題
NEWSポストセブン
ドラマ『蜜と毒』でドロドロの不倫関係に堕ちていく人妻を熱演している女優・入来茉里
ドロドロ不倫&体当たりの男女シーン披露の入来茉里、初主演ドラマ撮影中に見せた女優魂 波瀾万丈の私生活も女優の糧に
NEWSポストセブン
78歳になったタモリ(時事通信フォト)
【『ブラタモリ』終了】なぎら健壱が紐解くタモリの“セッション”「相手が上手いと、こっちも上手くなった気になれる」
NEWSポストセブン
電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
「オレは頑張っている姿を見るのが好きなんだよ」と語るジャンボ尾崎(撮影/太田真三)
【後進の育成に心血を注ぐジャンボ尾崎】門下生のために自ら練習場の芝を整備、練習器具を手作り 教えないで「気づかせる」指導法
週刊ポスト
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン