芸能

【全文公開】近づくSMAP再始動、木村拓哉「準備OK」で中居正広も決断か 意外なキーマンは二宮和也

木村拓哉

木村拓哉にも動きが

「ゼロではない」──再結成の可能性について問われた彼はそう答え、多くのファンに5人が再び集結する日を夢見させた。いままさに“その日”への機運がかつてないほどに高まっている。古巣が再始動するこの4月以降、5人の周辺が大きく動き出す。

 熱気あふれるエンターテインメントの街、東京・六本木。その一角で慌ただしく人や物が出入りし活況を呈すあるビルには、まもなく200人近いスタッフたちが勤務し始めるという。

 新生ジャニーズとも言える「STARTO ENTERTAINMENT」(以下、スタート社)が、同ビルにて、この4月から本格的に始動する。ジャニー喜多川氏(享年87)の性加害問題からの再出発を図る同社は、福田淳社長の舵取りの下、芸能界の悪しき慣習やしがらみにとらわれない経営を目指す。各業界からも大きな期待がかけられているなか、新体制の目玉として噂されているプロジェクトがある。

「いま一部の芸能関係者の間で、SMAPの再結成が、強い現実感をもって語られています。彼らがもう一度集結すれば話題になり、大変な熱狂を生むことになる。日本の芸能界の閉鎖性を批判し、“SMAP再結成容認派”の福田社長だけに、現実味を帯びています。

 実は、福田社長と誰より早く面談した木村拓哉さん(51才)とスタート社との契約に関して、まもなく決着がつくとされています。これこそが、SMAP再結成の可能性が絵空事ではないといわれる最大の理由なんです」(芸能関係者)

 現状、木村が籍を置く「SMILE-UP.」社に木村の契約について尋ねると、「契約に関するご質問に関しましては、お答え致しかねますので、何卒ご理解を頂けますと幸いです」と回答した。2016年末の解散から7年が過ぎたいま、5人の関係はまったく新しいものに変わりつつある──。

 木村の契約問題に触れる前に、SMAPをめぐる最新の動きを追っておこう。最近になって、複数のテレビ局幹部がスタート社に「SMAP復活」を働きかけているという。

「なかでも最も前がかりなのがフジテレビだそうです。フジのバラエティー班には稲垣吾郎さん(50才)、草なぎ剛さん(49才)、香取慎吾さん(47才)を引き連れる形で旧ジャニーズ事務所を退所した元チーフマネジャーをいまも敬愛するスタッフが多く、かつて高視聴率を誇った『SMAP×SMAP』の“一夜限りの復活”などを画策する動きがあります」(テレビ局関係者)

 フジの対抗馬とみられるのが、テレビ朝日。

「長年、フジの音楽番組のプロデューサーを務め、旧ジャニーズ事務所とも太いパイプを持つプロデューサーがテレビ朝日に電撃移籍するという話があるんです。テレ朝は東京・有明埠頭に『東京ドリームパーク』という地上11階、地下1階の複合施設を2026年に開業する予定ですが、そこには旧ジャニーズタレント専用の“ジャニーズ劇場”が常設されると報じられました。

 フジから招聘するプロデューサーはこの新事業を担当するといわれ、彼の辣腕で新劇場のこけら落としで、SMAPが登場するプランが噂されています」(前出・テレビ局関係者)

 過去、再結成の可能性がまったくなかったわけではない。「最大のチャンス」とみられていたのが、コロナ禍を経て開催された東京五輪・パラリンピックのときだ。国家的イベントの顔としてSMAPを求める声もあり、財界の大物も動いた。

《夢の実現のために怨讐(おんしゅうーうらみ)を忘れ、パラリンピックまでの期限付きでSMAPの再結成を願いたいものだ》(原文ママ)

 2019年9月、日本財団会長の笹川陽平氏(85才)が自身のブログにこう綴り、関係者を驚かせた。

「日本財団は、2021年の東京パラリンピックを支援した『日本財団パラリンピックサポートセンター』の母体で、稲垣さん、草なぎさん、香取さんの『新しい地図』は同センターのスペシャルサポーターに就任しました。政界にも強い影響力があり、SMAPの元チーフマネジャーの後ろ盾ともいえる笹川会長の異例の要請により、再結成の機運が最高潮に高まりました。

 実際、木村さんたちにも声がかけられたそうですが、このときはまだ調整がつかず、5人が勢ぞろいする夢はついえたのです」(前出・芸能関係者)

関連記事

トピックス

大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
死体損壊容疑で逮捕された平山容疑者(インスタグラムより)
【那須焼損2遺体】「アニキに頼まれただけ」容疑者はサッカー部キャプテンまで務めた「仲間思いで頼まれたらやる男」同級生の意外な共通認識
NEWSポストセブン
『株式会社嵐』設立
『株式会社嵐』設立で整った嵐としての活動の基盤 デビュー25周年の記念日に向けて高まる期待
女性セブン
水原一平容疑者の半生を振り返る(C)BACKGRID,Inc/AFLO
《現地レポート》水原一平容疑者「中学時代は帰宅部」同級生が口を揃える“影の薄さ”「騒いでるのをそばで見ているタイプ」「高校の同窓会には不参加」
週刊ポスト
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
【『アンメット』での難役も好評】杉咲花、俳優事務所から“ドラマ共演の逆指名”が増える理由
週刊ポスト
古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
初のゴールデン帯&月9主演を同時に果たした広瀬アリス
【“格差姉妹”と言われた過去も】広瀬アリス、妹・すずより先に「月9主演」の逆転人生
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
NEWSポストセブン