国内

愛子さま、天皇皇后両陛下の被災地訪問にご同行への期待 先延ばしになっていた“お伊勢参り”も実現か

初の食事を伴う公式行事として、ケニア大統領夫妻との昼食会に臨まれた(2月、東京・千代田区。代表撮影/時事通信フォト)

初の食事を伴う公式行事として、ケニア大統領夫妻との昼食会に臨まれた(2月、東京・千代田区。写真=代表撮影/時事通信フォト)

 春めいた陽気が一変し、冬に引き戻されたような寒空だった2月21日、愛子さまのお姿は、東京・目白の学習院大学キャンパスにあった。さわやかな白いトップスに、グレーのスカート姿の愛子さまは、ストライプ柄の傘を片手に、ご学友との“ガールズトーク”に花を咲かせられていた。そうした時間をお過ごしになれるのもあとわずか。大学ご卒業まで、残り1か月を切っている。

「愛子さまはすでに卒業論文を提出されており、この日は卒業に向けた手続きのために足を運ばれたようです。4年間のキャンパスライフのうち、3年間がコロナ禍と重なり、ご学友との直接の交流は限られました。大学生として過ごされる最後の最後まで、充実した時間にされたいのでしょう」(学習院関係者)

 その2日後、成年皇族として皇居・宮殿の長和殿のベランダに立たれた。降りしきる雨と寒さにもかかわらず、天皇誕生日の一般参賀のために集まった多くの人たちに向け、笑顔で手を振られた。

「愛子さまにとって今回の参賀は、昨年の新年と天皇誕生日に続いて3回目でした。初めてのときはお手振りのタイミングなどにぎこちなさも見受けられましたが、ホワイトのドレスに帽子をかぶられた愛子さまは堂々とされていました」(皇室記者)

苦境に立つ医療従事者

 在学中は学業に専念されてきた愛子さまだが、この春からは社会人として、そして成年皇族として活動の幅を広げられることになる。3月20日の卒業式を終えられた直後に、早速出番が訪れるかもしれない。

「天皇皇后両陛下が、3月22日に能登半島地震の被災地を訪問される方向で調整が行われています。現地に負担をかけないために、日帰りでのご訪問となる予定です」(宮内庁関係者)

 そこで期待されるのが、石川県への愛子さまのご同行だ。

「愛子さまは2月6日、両陛下とご一緒に、気象庁長官らから能登半島地震の状況についての説明をお聞きになりました。2時間の間に、愛子さまは現地のボランティアの様子などについて、熱心にご質問されていました。被災地に心を寄せられる姿勢は、両陛下と変わりません。愛子さまが同行されれば、苦しい状況にいる被災者にとって励みになることは間違いありません」(別の皇室記者)

 だが、“愛子さま効果”はそれだけではない。現在、市立輪島病院では、在籍する看護師の2割が離職したり、離職の意向を示しているという。周辺病院でも、同じような傾向が見られる。

「発災から2か月近くが経ったいまでも、インフラの復旧は道半ばで、被災地域の医療従事者の負担も、日を追うごとに重くなっています。被災者を支える側にも支援が必要なのです。

 4月から愛子さまが嘱託職員として勤務される『日本赤十字社』は、全国で赤十字病院を運営するなど、医療機関と密接な関係にあります。今後、日赤でさまざまな業務にあたられる愛子さまが被災地に足を運ばれれば、苦境に立たされている医療従事者も大いに勇気づけられることでしょう」(前出・別の皇室記者)

関連記事

トピックス

二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ
《独立後相次ぐオファー》二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ 「終盤に出てくる重要な役」か
女性セブン
海外向けビジネスでは契約書とにらめっこの日々だという
フジ元アナ・秋元優里氏、竹林騒動から6年を経て再婚 現在はビジネス推進局で海外担当、お相手は総合商社の幹部クラス
女性セブン
今回のドラマは篠原涼子にとっても正念場だという(時事通信フォト)
【代表作が10年近く出ていない】篠原涼子、新ドラマ『イップス』の現場は和気藹々でも心中は…評価次第では今後のオファーに影響も
週刊ポスト
真剣交際していることがわかった斉藤ちはると姫野和樹(各写真は本人のインスタグラムより)
《匂わせインスタ連続投稿》テレ朝・斎藤ちはるアナ、“姫野和樹となら世間に知られてもいい”の真剣愛「彼のレクサス運転」「お揃いヴィトンのブレスレット」
NEWSポストセブン
交際中のテレ朝斎藤アナとラグビー日本代表姫野選手
《名古屋お泊りデート写真》テレ朝・斎藤ちはるアナが乗り込んだラグビー姫野和樹の愛車助手席「無防備なジャージ姿のお忍び愛」
NEWSポストセブン
破局した大倉忠義と広瀬アリス
《スクープ》広瀬アリスと大倉忠義が破局!2年交際も「仕事が順調すぎて」すれ違い、アリスはすでに引っ越し
女性セブン
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
韓国2泊3日プチ整形&エステ旅をレポート
【韓国2泊3日プチ整形&エステ旅】54才主婦が体験「たるみ、しわ、ほうれい線」肌トラブルは解消されたのか
女性セブン