国内

小室圭さん・眞子さん夫妻の新居は「家賃50万円、温水プール付きマンション」 圭さんの職場から車で1時間、ファミリーに人気のベッドタウン

夜に帰路につくこともある小室圭氏・眞子さん

夜に帰路につくこともある小室圭さん・眞子さん

 小室さん夫婦は心機一転、新生活を始めていた。以前の家から車で1時間ほどの高級マンション。仕事が暗礁に乗り上げ失意の中にいる眞子さんだが、見知らぬ土地では相談できる相手もいない。彼女は今日もひとり、新居で夫の仕事が終わるのを待つ──。【前後編の前編。後編を読む

 小室さん夫婦が姿を現したのは、メインストリートの人通りもまばらになった21時すぎのことだった。眞子さんは、ロングコートに茶色のブラウス、季節を問わないデニムのワイドパンツにスニーカーという出で立ちだ。皇族時代とは真逆のカジュアルなファッションが彼女の好みなのかもしれない。大きなトートバッグを肩からさげ、手には紙袋を持っている。

 小室さんは、勤務先の法律事務所であるローウェンスタイン・サンドラー(以下、LS)へ出勤するようなスーツスタイルだが、平時の出勤時とは異なり、1週間ほどの旅行に行けそうなほど大きなスーツケースを引きずっていた。

 互いに大荷物を持つふたりは疲れた顔色で、大型ショッピングモール内にある中華料理店に入った。率先してメニューを決めたのは小室さん。次々と運ばれてくる料理を、時に眞子さんとシェアしながら食べ進める。

「ふたりのことは、よく見かけます。遅い時間に来ることが多いかな。いつも一心不乱に箸を進める圭さんに、眞子さんが一方的に話しかけている印象です」(中華料理店の店員)

 結婚、渡米から約2年半の月日が経過したいま、眞子さんを取り巻く環境は、当初、彼女が思い描いていた理想からはかけ離れているといえるだろう。黙々と前に進む小室さんと、それを本心では喜べないといったような表情で見つめる眞子さん。中華料理店での食事風景は、まるで夫婦の現状を象徴するようだ。ふたりはいま、大きなターニングポイントを迎えている。

 ひとつの転機が訪れたのは昨年11月だった。住んでいたニューヨーク・マンハッタンにあるマンションの賃貸契約が終了する運びとなったのだ。

「渡米当初は600万円ほどだった小室さんの年収も、弁護士となった現在は4000万円ほどともいわれていますから、引っ越し先はよりどりみどりだったでしょう」(在米ジャーナリスト)

 最初の候補は、ニューヨーク郊外のスカーズデール地区にある白亜の大豪邸だった。

「3つのベッドルームと2つのバスルーム、さらには子供部屋もあった物件です。実は、この物件はもともと、小室さんが通っていたフォーダム大学副学長が所有していた。現在の所有者はすぐ近所に住む中国人夫婦で、昨年夏に2億円超で購入しています。いずれは小室さん夫婦に貸し出すつもりだったとみられていますが、その話は立ち消えになったようです」(前出・在米ジャーナリスト)

 日本中を巻き込んだ紆余曲折を経て辿りついたマンハッタンの邸宅から、どこに消えたのか──11月中旬の退去を境に注目はさらに集まった。

「以前には見られていたふたりのデート姿がパタリと消えました。日本の皇室のプリンセスの行方を巡って在米メディアは騒然とし、一時期は小室さんの職場を米タブロイド紙のパパラッチらが一日中張り込むこともあったそうです。しかし、ふたりの行方はようとして知れず、“帰国したのではないか”との声も上がりました」(前出・在米ジャーナリスト)

 一部の日本のメディアも、ふたりの姿が見られなくなったことを大々的に報道。

《消えた小室夫妻を探せ!ついに大捜索が始まった》(『週刊現代』2月17日号)
《「雲隠れ」小室圭さんが超多忙になった理由》(『週刊現代』2月24日・3月2日号)

などの文字が躍った。

「『週刊新潮』は小室さん夫婦の“行方不明説”や“ワシントンD.C.移住説”を取り上げ、LSのワシントンD.C.支所から『ここには勤務していません。ニューヨークにいます』という回答を得ました」(皇室記者)

 日米両国から注目が集まるなか、眞子さんと小室さんが新居として選んだのは、ニューヨーク中心部からはかなり離れた郊外の高級マンションだった。

関連記事

トピックス

亡くなったことがわかったシャニさん(本人のSNSより)
《ボーイフレンドも毒牙に…》ハマスに半裸で連行された22歳女性の死亡が確認「男女見境ない」暴力の地獄絵図
NEWSポストセブン
長男・正吾の応援に来た清原和博氏
清原和博氏、慶大野球部の長男をネット裏で応援でも“ファン対応なし” 息子にとって雑音にならないように…の親心か
週刊ポスト
殺害された谷名さんの息子Aさん
【青森密閉殺人】手足縛りプラスチック容器に閉じ込め生きたまま放置…被害者息子が声を絞り出す監禁の瞬間「シングルで育ててくれた大切な父でした」
NEWSポストセブン
竹内涼真と
「めちゃくちゃつまんない」「10万円払わせた」エスカレートする私生活暴露に竹内涼真が戦々恐々か 妹・たけうちほのかがバラエティーで活躍中
女性セブン
史上最速Vを決めた大の里(時事通信フォト)
史上最速V・大の里に問われる真価 日体大OBに囲まれた二所ノ関部屋で実力を伸ばすも、大先輩・中村親方が独立後“重し”が消えた時にどうなるか
NEWSポストセブン
2050年には海洋プラスチックごみが魚の量を上回ると予測されている(写真/PIXTA)
「マイクロプラスチックが心臓発作や脳卒中の原因になりうる」との論文発表 粒子そのものが健康を害する可能性
女性セブン
攻撃面では試行錯誤が続く今年の巨人(阿部慎之助・監督)
広岡達朗氏が不振の巨人打線に喝「三振しても威張って戻ってくるようなのが4番を打っている」 阿部監督の采配は評価するも起用法には苦言
週刊ポスト
大谷が購入した豪邸(ロサンゼルス・タイムス電子版より)
大谷翔平がロスに12億円豪邸を購入、25億円別荘に続く大きな買い物も「意外と堅実」「家族思い」と好感度アップ 水原騒動後の“変化”も影響
NEWSポストセブン
杉咲花
【全文公開】杉咲花、『アンメット』で共演中の若葉竜也と熱愛 自宅から“時差出勤”、現場以外で会っていることは「公然の秘密」
女性セブン
被害者の渡邉華蓮さん
【関西外大女子大生刺殺】お嬢様学校に通った被害者「目が大きくてめんこい子」「成績は常にクラス1位か2位」突然の訃報に悲しみ広がる地元
NEWSポストセブン
京急蒲田駅が「京急蒲タコハイ駅」に
『京急蒲タコハイ駅』にNPO法人が「公共性を完全に無視」と抗議 サントリーは「真摯に受け止め対応」と装飾撤去を認めて駅広告を縮小
NEWSポストセブン
阿部慎之助・監督は原辰徳・前監督と何が違う?(右写真=時事通信フォト)
広岡達朗氏が巨人・阿部監督にエール「まだ1年坊主だが、原よりは数段いいよ」 正捕手復帰の小林誠司について「もっと上手に教えたらもっと結果が出る」
週刊ポスト