国内

【悠仁さまの大学進学】幼稚園と高校は“別枠”で合格、受験競争を勝ち抜いた経験はゼロ 紀子さまが切望する「東京大学」は推薦枠拡大を検討中

9月の誕生日で成年を迎えられる(4月、東京・町田市。写真/JMPA)

9月の誕生日で成年を迎えられる(4月、東京・町田市。写真/JMPA)

 皇族としては異例の進路を歩まれてきた悠仁さまが、高校の最終学年を迎えられた。同級生が受験勉強に本腰を入れ始める中、悠仁さまの置かれる状況は決して生易しいものではない。それでも、国内最高峰の大学が門戸を広げて待っている。

 東京大29名、京都大6名、早稲田大106名、慶應義塾大72名、上智大59名──これは、筑波大学附属高校(筑附高)のホームページで公表されている、2023年度の大学受験の合格実績だ。都内有数の進学校らしく、高偏差値の名門大学ばかりが並んでいる。今春、筑附高の3年生になり、受験を控えられた秋篠宮家の長男・悠仁さまの志望校は果たして──。

「バドミントン部に所属されている悠仁さまは、部活動へは週1回程度の参加だと聞きます。4月上旬には春季大会の試合に、チームメートのサポート役として帯同されました。実際に出場はされませんでしたが、最終学年を迎え、入学時から一緒に活動してきたメンバーの力になりたいとお考えのようです。部活動への参加が限定的なのは、赤坂御用地でのトンボの観察といった、“課外活動”がお忙しいからなのでしょう」(筑附高関係者)

 筑附高は、「自主・自律・自由」の精神を教育目標に掲げ、いわゆる「受験勉強」にとらわれない学びを推奨している。

《赤坂御用地のトンボ相 -多様な環境と人の手による維持管理-》

 昨年11月、国立科学博物館が出版する学術誌に掲載された論文のタイトルだ。筆頭筆者は《秋篠宮悠仁》。論文が公開された電子サイトでは、昆虫などの生物に関するものでは異例の、月間閲覧数が2位にランクインするなど話題を呼んだ。昨年6月には、学校行事の一環で筑波大の研究施設を訪問し、関心の高い生物系の研究室での活動の様子を見学された。

「附属校ではあるものの、筑附高から筑波大に進学するには一般受験が必要で、進学者は例年5人程度です。ご関心のある自然や生物の分野を学べるとあって、筑波大は悠仁さまの進学先として濃厚といわれてきました」(皇室記者)

 悠仁さまの筑附高進学が決まった一昨年、「さまざまな教育コンテンツが気に入られたのであれば、大変光栄なこと」と会見で発言した筑波大学長の永田恭介氏に尋ねると、「(悠仁さまは筑附高で)健やかに過ごしていらっしゃると報告を受けています」とした上で、筑波大への進学については、

「まったく知りませんし、大学が特別に何か(配慮)することはありません。入られても、入られなくても、関係ありません」

 と話すばかりだった。

関連記事

トピックス

1億円を寄付した黒柳
《ユニセフ親善大使40年の現在地》黒柳徹子、個人名義で「ガザに1億円」寄付 公表しなかった理由を明かす 
女性セブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン
過度な束縛と暴力性があった伊藤被告(SNSより)
《懲役18年判決・横浜女子大生ストーカー殺人》「お腹をグーで…」元恋人が伊藤龍稀被告を断ち切れなかった背景に“暴力”と“脅し”「別れたらどうなるか知らないよ」「破局後もバイト先までつきまとい」
NEWSポストセブン
イベントに登壇した草笛光子、唐沢寿明ら出演者たち(撮影/浅野剛)
【映画『九十歳。何がめでたい』が公開】“百歳”佐藤愛子さんが“九十歳”草笛光子に宛てた手紙「まだまだ、お若いと…」 
NEWSポストセブン
関係者が集うG1のパドック。笑顔でジョッキーと最後の確認(6月2日、安田記念)
蛯名正義・調教師が落馬事故について考察 ジョッキーは危険な職業「仲間の事故なんて二度と見たくない」
週刊ポスト
問題となったポスターを貼る、桜井MIU(SNSより)
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》自らの“みだら写真”を貼った女性は迷惑防止条例違反にあたるのか 弁護士の見解は
NEWSポストセブン
どんな治療を選択すべきか、寄り添ってくれる医師の存在は重要。(写真/Pixta)
【がん治療】欧米で広く取り入れられる、直ちには切らない「監視療法」 日本では国民皆保険制度で手術費用が安く「切りましょう」が基本に
女性セブン
詐欺容疑で逮捕された今野容疑者(左)と辻容疑者(右)
【逮捕】元国会議員で弁護士の今野智博容疑者が名義貸しで着手金1割をポケットに「何もせずに5000万円」の大儲け 法曹界隈で有名だった「グレーな金稼ぎ」の実態
NEWSポストセブン
ギヨーム皇太子とがっちり握手(2024年6月、東京・港区。写真/宮内庁提供)
悠仁さま、英語力は「コミュニケーションは問題なし」 ルクセンブルクの皇太子との夕食会は“通訳なし”、NHKの英語副音声で勉強か
女性セブン
中尾彬さんの相続に関し、元妻が告白
【終活は万全に見えたが…】中尾彬さんに相続問題浮上 法定相続人である“元妻との息子”への連絡は一切なし、元妻が告白「怒っています」
目黒蓮
《独占キャッチ》目黒蓮がミラノでのFENDIコレクション参加 帰国時もジャケットとスニーカーはきっちりFENDIの“アンバサダーの鑑”
女性セブン
大谷翔平の自宅暴露報道が波紋を呼んでいる(写真/Getty Images)
《出禁騒動》大谷翔平を激怒させたフジテレビ、『イット』や『めざまし8』で新居の所在を暴露 メジャー機構も調査開始か
女性セブン