国内

雅子さまの訪英に主治医「極秘同行」か 全ての日程にご出席を果たして「完全復活」を証明するための“安心材料”に

ご出席がかなうかどうかはご体調次第(5月、栃木県塩谷郡。写真/JMPA)

ご出席がかなうかどうかはご体調次第(5月、栃木県塩谷郡。写真/JMPA)

 両陛下が訪英のため日本を発たれる日が迫っている。8日間の日程のうち、雅子さまのご出席が発表されている機会は数少ない。それでも雅子さまは、できる限り多くお出ましをされたいご意向だという。力強いパートナーの同行は、万難を排して臨みたいというお気持ちの表れだ。

 6月13日より連日、天皇皇后両陛下と愛子さまの今年5月の御料牧場での様子が、宮内庁の公式インスタグラムに投稿されている。タケノコ掘りに苦戦される愛子さま、防護服姿で動物と戯れられる雅子さまと愛子さま、日の差すなかでのご一家のサイクリング──公務やお出ましの際とは異なる、私的な場面の飾らないお姿が人気を博し、フォロワーはついに160万人を突破した。

「当初の狙いどおり、これまで皇室のご活動にそれほど関心が高くなかった若年層を中心に、天皇ご一家のご様子が知られるところとなったようです。フォロワー増は、高い好感度の証左でもあるでしょう」(宮内庁関係者)

 インスタグラムの運用を担うのは宮内庁の広報室だ。とはいえ、天皇ご一家のプライベート写真の公開は広報室の一存で決められることではなく、両陛下の許諾を得ているとされる。

「御料牧場でのお写真は一足先に報道機関に配布されており、インスタグラムでの公開に至るまでには時差がありました。ご静養の際のお写真を一度公開すれば、今後のご静養の際も同じようにしなければならない。また、世間の反応も読めないところがある。そうしたさまざまな観点を多角的に精査される時間が必要だったのでしょう。結果的にお写真の公開は大成功でした。両陛下の英断といえます」(皇室記者)

 インスタグラムでの好評価は、6月下旬に迫った両陛下のイギリス訪問の追い風となるだろうという見方もある。

「皇太子妃時代には、外国訪問に精力的に取り組まれていた雅子さまに対して、疑問を持つ声も、かつてはありました。しかし時代は変わり、いま多数を占めるのは、皇后としてイギリス訪問をされる雅子さまを応援したいという前向きな声です。雅子さまは、SNSを通してそうした期待を実感されることもあるでしょう」(前出・皇室記者)

 今回の訪英は、もともと2020年にエリザベス女王から招待を受けていたがコロナ禍の影響で延期になり、改めてチャールズ国王の招待を受け実現したものだ。また、英王室は、選挙期間中には慣例として公務を控えてきたが、両陛下の訪問の日程は7月4日投開票のイギリス下院の選挙期間の終盤と重なり、異例といえる。

「イギリス王室は、スナク首相との昼食会を取りやめるなど、計画されていた日程を変更したうえで両陛下の招待に至ったそうです。両陛下の国賓としての訪問に期待をかけていることの表れでしょう」(前出・宮内庁関係者)

 両陛下は6月22日に日本を発たれ、29日にお戻りになる予定だ。訪英中、25~27日の3日間は、国賓として接遇を受けられる。

「国賓待遇の日程のなかでも最も重要になるのが、ホース・ガーズ・パレードで行われる歓迎式典、ウェストミンスター寺院での無名戦士の墓への供花、バッキンガム宮殿で行われるチャールズ国王夫妻主催の晩餐会など主要な行事が目白押しの25日だとみられています。両陛下そろっての参加が予定されています」(前出・宮内庁関係者)

 ところが現時点で、最終日のオックスフォード訪問を除き、25日以外の日程に雅子さまが出席されるかは不透明だ。23日午後のロンドンでの在留邦人らとの面会など、追加の日程が17日に複数発表されたが、雅子さまはご体調次第でのご出席になるという。

「雅子さまは、公表していた予定に出席できず、周囲に迷惑をかけてしまうことを恐れられているといいます。事前の日程発表が限られているのは、慎重を期されているためとみられています。

 しかし、雅子さまご自身は、願わくはすべての日程に出席されたいはずです。特に、陛下の強い希望で実現したというエリザベス女王の墓前への供花など、国賓待遇の期間中はなおさらでしょう。全日程へのご出席をかなえるべく、雅子さまは目下、調整段階に入られているそうです」(前出・宮内庁関係者)

 ご訪問前のご負担を軽減すべく、慣例となっているご出発前の記者会見には、雅子さまが出席される予定はないという。さらに今回の訪英に際しては入念な準備がなされている。雅子さまの主治医である大野裕医師の「極秘同行」が決まったというのだ。

関連記事

トピックス

SixTONES・ジェシー(28)
交際報道のSixTONES・ジェシーが愛用「ファミマの靴下」がXトレンド入り、「話題」と投稿のファミマが答えた“本当の意図”
NEWSポストセブン
世界体操・種目別 女子平均台決勝の演技
体操・宮田選手の五輪辞退に「当然だ!」の声があふれる気持ち悪さ
NEWSポストセブン
いまは受験勉強よりもトンボの研究に夢中だという(2023年8月、茨城県つくば市。写真/宮内庁提供)
悠仁さま“トンボ論文”研究の場「赤坂御用地」に侵入者 専門家が警備体制、過去の侵入事件を解説
NEWSポストセブン
坂田信弘さん
【訃報】プロゴルファー・坂田信弘さん逝去 古閑美保、上田桃子らを輩出した名指導者 漫画『風の大地』『奈緒子』などの原作者としても活躍
NEWSポストセブン
フレッシュさが魅力の石川(右)と突破力に定評がある出川(左)
《五輪キャスターバトル》“圧倒的な高評価”フジ石川佳純を猛追するテレ東“応援団長”出川哲朗 日テレ萩野公介は不安要素を露呈
女性セブン
名古屋場所
溜席の着物美人が名古屋場所にワンピース姿で登場 理由は愛知県体育館の暑さで、今年最後になる会場を見届ける思いか
NEWSポストセブン
綾瀬はるか(39)
SixTONESジェシーが惚れた12歳上・綾瀬はるかのナチュラル素顔「2日とも同じ自然体なファッション」
NEWSポストセブン
医療法人・徳洲会の創設者で元衆議院議員の徳田虎雄氏
《追悼評伝》徳田虎雄氏“不随の病院王”の功罪「『絶対善』の目的のためには手段はすべて肯定される」 伝説の選挙戦「保徳戦争」では現金が乱舞し選挙賭博も横行
週刊ポスト
SixTONES・ジェシー(28)
《ハグやキスもカジュアルに》SixTONESジェシーは「きれいなお姉さんに惹かれがち」綾瀬はるかと結ばれた“必然の恋愛観” ズドンとハートを射抜かれた
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン