• TOP
  • スポーツ
  • 総額60億超 高年俸選手のみでWBC代表を選んでみた

スポーツ

2012.10.12 16:00  週刊ポスト

総額60億超 高年俸選手のみでWBC代表を選んでみた

 WBC監督人事も終わり、ようやく代表選手選考が始まりそうだが、その前に『週刊ポスト』は独断と偏見でこんな代表を提案してみます。NPB、MLBの日本人選手を対象に、年俸の高い順にセレクトした。その名も“金満ジャパン”。

 最高はもちろん約15億円を稼ぎ出すイチローで、最低でも金本の2億2000万円。監督は球界最高年俸の原監督で、金本と同額だった。メンツを見ると、監督はもちろん、クリーンアップまで全員、前回大会の出場者。ちなみに当時は田中、黒田も代表候補に挙がっている(未出場)。その意味では妥当な人選といえそうだ。

【プロの評価はお金で決まる 高年俸軍団の底力「金満ジャパン」】

「野手」
(打順/名前/チーム名/ポジション/年俸・万円)
1:鳥谷敬/神/遊/30000
2:田中賢介/日/二/27000
3:イチロー/NYY/中/144000
4:阿部慎之助/巨/捕/40000
5:和田一浩/中/右/33000
6:城島健司/神/DH/40000
7:小笠原道大/巨/一/43000
8:金本知憲/神/左/22000
9:小久保裕紀/ソ/三/30000

「投手」
(名前/チーム名/年俸・万円)
先発:黒田博樹/NYY/80000
中継:松坂大輔/BOS/83000
抑え:ダルビッシュ有/TEX/44000

 日本人最高額は小笠原。続くのは阿部と城島だが、引退会見で涙ながらに述べた「もう捕手はできない」との弁から城島がDH。20代がダルビッシュだけという、ベテラン揃いのオーダーに。

(年俸はいずれも推定)

※週刊ポスト2012年10月19日号

関連記事

トピックス