芸能

最新芸能記事のRSS

『あさが来た』波瑠 タフになった成長ぶりにスタッフ舌巻く

2015.12.15 07:00

 12月4日に視聴率27.4%を記録するなど、NHK朝の連続ドラマ小説『あさが来た』の勢いは止まらず

 12月4日に視聴率27.4%を記録するなど、NHK朝の連続ドラマ小説『あさが来た』の勢いは止まらず、国民的ドラマに化けそうな勢いである。後半に向けた新キャスト発表のなかでも注目された武田鉄也は、福沢諭吉を演じる。

 散歩中の福沢諭吉とあさ(波瑠)の重要な出会いのシーンのロケ地として選ばれたのが和歌山マリーナシティというリゾートアイランド。このなかにある「ポルトヨーロッパ」という伝統的なヨーロッパの町並みをイメージしたテーマパークが、明治期の東京に見立てられた。10月に行なわれたロケを目撃した従業員たちは、昨日のことのように興奮気味に語る。
 
「あさ役の波瑠さんはピンクっぽい着物姿で、むっちゃかわいかった。あの子はこのドラマが終わる頃にはたいした女優さんになってるんやないか」(40代男性)
 
「波瑠さんはホントに綺麗で、小走りに走る姿が印象的でした。その横にはずっと友近さんがいましたが、こちらはいつもの地味目な着物姿でした。五代さん役の方(ディーンフジオカ)もいましたが、いつものスーツ姿でした」(20代女性)
 
 ただし数人に聞いても、武田鉄矢の目撃談が出てこない。従業員の間では、「来る予定が来なかったらしい」との噂が立っていた。
 
 ロケに対応した和歌山マリーナシティの企画宣伝課職員はこういう。
 
「武田さんも着物姿でいらっしゃってましたが、いくつかのシーンを撮るとすぐに帰ってしまいましたので。
 
 波瑠さん、友近さん、ディーンさんのお三方は朝6時から日が暮れた夜までずっと撮影していました。実は撮影に入る直前に波瑠さんが体調を崩して声が出なくなったとNHKの方から伺っており、当日も顔色が優れず、声も私には聞き取れなかったほどでした。
 
 それでも過酷なロケをこなした上で、うちには園内で動物を散歩させるサービスがあるのですが、たまたま通りかかったアルパカと一緒に写真まで撮られていました」

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP