• TOP
  • 芸能
  • 下町ロケット最終回視聴率どこまで伸びる? 他局編成に注目

芸能

2015.12.19 16:00  NEWSポストセブン

下町ロケット最終回視聴率どこまで伸びる? 他局編成に注目

20日に最終回を迎える『下町ロケット』

 主演・阿部寛の熱い演技や恵俊彰、今田耕司、春風亭昇太ら個性派キャストでも話題を呼んでいる『下町ロケット』(TBS系、日曜21時~)が、12月20日にいよいよ最終回を迎える。

 この日、TBSは14時から17時まで『「下町ロケット」ガウディ計画編 完全ダイジェスト』を放送。さらに、19時から21時までは『超緊急特別ドラマ企画「下町ロケット」~最終章』を新たな映像も加えた上で、これまでの名シーンを再編集して放送する。21時からの最終回を盛り上げ、新たな視聴者も獲得しようという試みだ。

『下町ロケット』は1話で視聴率16.1%(ビデオリサーチ調べ/関東地区。以下同)と好スタートを切ると、5話で20.2%、8話で20.4%と2度の20%超えを記録。ここまで全話平均18.02%と好調で、8話の視聴率は今年の民放連続ドラマで最高となった。この高視聴率の背景には、ドラマ自体の魅力はもちろんのこと、番組編成や他局の動きも影響を与えているという指摘がある。視聴率事情に詳しい芸能記者が指摘する。

「5話は『世界野球プレミア12』が延長されたため、オンエア開始は22時35分からとなりました。視聴率が心配されたものの、20.2%を獲得。これは野球中継終了と同時に、間髪を入れず放送したことが大きかった。もし間にCMや5分番組を挟んでいたら、一部の視聴者はテレビを消すか、チャンネル変えていた可能性も否定できません。

 8話はテレビ朝日が『M-1グランプリ』を放送し、17.2%を獲得。毎週同時間帯トップで、20%を越すこともある日本テレビの『ザ!鉄腕!DASH!!』は15.2%、『世界の果てまでイッテQ!』は13.7%と数字が下落しています。これにより日テレは、21時台の『行列のできる法律相談所』も11.3%と伸びなかった。

 テレ朝の『M-1』が数字を獲ったことで、“日曜夜は日本テレビ”という流れが断たれたのかもしれません。そのため、いつもは日テレの『行列』を見る人の一定層がTBSの『下町ロケット』を選択したとも考えられます。『M-1』終了後には当然ながらCMや5分番組があったため、チャンネルを変える機会が視聴者にあったことも影響しているでしょう」

 となれば、記録更新に期待がかかる最終回の裏番組事情が気になるところだ。フジテレビは『THE MANZAI』を19時から21時54分まで放送する。今年の『THE MANZAI』は例年のようなコンテスト形式ではなく、爆笑問題やタカアンドトシ、中川家などの漫才師がネタを披露する“お祭り”的な様相が強い。

関連記事

トピックス