スポーツ

プロ野球 美女たちの「始球式」が定着した歴史と理由

 キッカケは、1992年に東京ドームのシーズン初戦、巨人―阪神戦のマウンドに立った19歳の宮沢りえ。東京ドームの巨人戦の「始球式」にアイドルが起用されたのは初めてで、飛ぶ鳥を落とす勢いの「りえ人気」も相まって大きな話題となった。

 翌年から中山美穂、西田ひかる、内田有紀と続き、他球団へも波及して「アイドル始球式」が定着。さらに、グラビアアイドルや女子アナ、フィギュアスケートの荒川静香や体操の田中理恵などのアスリートら、「時代を飾る旬な美女」へと裾野を広げていった。

 2012年、千葉ロッテ―日本ハム戦の開幕戦で、ホットパンツから「ハミ尻」する大胆フォームで話題をさらったグラビアアイドル・吉木りさもその一人だった。

「千葉出身なので千葉ロッテさんに声を掛けてもらいました。衣装は、新発売されたガムをイメージしたコスチューム。ブルペンで投げ方を教えてもらいましたけど、すごくヘタッピで困っちゃいました(笑い)。

 選手の皆さんは意外とシャイで、可愛いなと思いました。衣装が話題になって、その直後コスプレの仕事が急に増えたんです。始球式って、影響力ありますよね」(吉木りさ)

 ある時期まで「始球式は開幕戦」が一般的だったが、1996年の日本シリーズに松たか子が登場したことをキッカケに、開幕戦以外でも行なわれるようになった。一方、人気アイドルや話題の女優たちのファンが球場に殺到、本来の野球ファンがチケットを買えず観戦できない事態も起きた。

 そんな「始球式」がエスカレートするなか、真剣勝負の選手たちはどう見ているのか。広島と巨人でプレーし、引退後は巨人の総合投手コーチを務めた川口和久氏が語る。

「始球式の前に室内ブルペンで10分ほど投球練習をしますが、人気女優やセクシーなタレントの時は選手たちも入れ代わり立ち代わり顔を出してソワソワしてます。

 だからといって緊張感がそがれてゲームに影響するということはないです。そもそもセクシータレントにニヤけているような選手はダメ。コーチの立場ならカミナリものです」

※週刊ポスト2016年9月9日号

関連記事

トピックス