• TOP
  • スポーツ
  • 江本孟紀氏「巨人は山田、柳田、大谷を獲りに行けばいい」

スポーツ

2016.09.29 07:00  週刊ポスト

江本孟紀氏「巨人は山田、柳田、大谷を獲りに行けばいい」

二刀流で活躍する大谷翔平

 広島の歴史的な独走を許した巨人。熱狂的な巨人ファンとして知られるタレントのヨネスケ氏は、今季の戦いぶりをこう振り返る。

「長嶋監督が最初に就任した1年目(1975年)に最下位になった、あの状況とよく似ていますよ。長嶋さんは当時の戦力ダウンの原因を“自分が抜けたから”といいましたが、ヨシノブ監督(高橋由伸)も同じ気持ちでしょう」

 引退即監督に据えられ、チーム構想も立てられなかった。ギャレット(35)を使うつもりだったファーストには阿部慎之助(37)が納まってしまった。正捕手の小林誠司(27)も思うように成長しない。広島のように日替わりでヒーローが出てくることもない。

「これじゃ新人監督の采配以前の問題。手の打ちようがなかったんですよ。それでよく2位になったと思います。長嶋さんだって最下位だったんですから」(ヨネスケ氏)

 その長嶋巨人は2年目に大型補強を敢行している。日ハムから張本勲、太平洋クラブから加藤初と伊原春樹、阪急から水谷孝、広島からは小俣進を獲得。新外国人投手としてライトを迎え入れ、ドラフトでは篠塚利夫、中畑清、山本功児らを加入させて見事、3年ぶりの優勝に輝いたのだった。

「だからヨシノブ巨人も、大補強をして3年ぶりの来季優勝を目指すしかない」

 というのは、辛口評論で鳴らす江本孟紀氏である。

関連記事

トピックス