• TOP
  • 芸能
  • 他の「ロス」とは一線画すSMAPロス、毎日惣菜購入の人も

芸能

2017.01.07 07:00  女性セブン

他の「ロス」とは一線画すSMAPロス、毎日惣菜購入の人も

ファンにとってSMAPの存在は日常の一部だった

 12月31日に解散をしたSMAP。この日、木村拓哉(44才)を除くSMAPメンバー中居正広(44才)、稲垣吾郎(43才)、草なぎ剛(42才)、香取慎吾(39才)と1996年に脱退した森且行(42才)が打ち上げを開催したという。

「解散発表の翌日はショックのあまり会社を休んでしまったし、スマスマの最終回も、無理言って半休を取ったくらい。これまで行ったコンサートで購入したグッズやタオルを身につけてテレビを見ていたら、涙が止まらなかった。あぁ、この曲の時に自分は結婚して、あの曲の時に出産して…と全てがオーバーラップしてしまって。

 解散後の心境ですか? もう何もやる気が起きないというか、食事も作れません。毎日スーパーの総菜を買っています。何を支えに生きればいいのかわからないんです」

 こう嘆くのは、SMAPファン歴25年、CDデビューからメンバーを見守り続けた都内在住A子さん(45才・事務職)。

 心のよりどころだったSMAPなき今、喪失感のあまり日常生活にも支障が出ているという。

「今年は年賀状も書けませんでした。おせちも手抜き。家族にも心配されていますが、どうにも気力がわいてこなくて…」(A子さん)

 同様に、SMAPロスに悩む女性ファンは後を絶たない。

「木村さんと4人の険悪ムードとか和解の兆しとか、新しい報道が出るたびに一喜一憂して、すでに心身が疲れ切っていた部分はありました。社会に出てからずっとSMAPと共に生きてきたし、コンサートとか、SMAPを通じて知り合った友人もたくさん出来た。そうやって作り上げた人生の彩りが、解散で消えてしまった気がするんです。解散発表以降、食欲がわかなくて、この3か月で5kgも痩せました」(47才・保険会社勤務 ファン歴20年)

「署名運動もしたし、朝日新聞の『1万人広告』(SMAPファン1万人が出資した広告)にも出資しました。でも解散は避けられなかった。私のやったこと、何の意味もなかったのかなって。再結成を望んでいますが、何年先になるのかもわからない。こんな悲しい気持ちで生きていくのは本当につらいです」(45才・専業主婦・ファン歴25年)

 これまでも芸能人を巡る「〇〇ロス現象」はあった。

 だが、SMAPのそれは趣が違う。アイドルには珍しく、SMAPファンの大半を占めるのは30~50代の主婦である。25年という長い時間を、思春期からずっと共に過ごしてきた女性も多い。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス