• TOP
  • 芸能
  • 芸能界最強説の渡瀬恒彦「怒らせちゃダメ」と安岡力也も恐怖

芸能

2017.03.28 07:00  週刊ポスト

芸能界最強説の渡瀬恒彦「怒らせちゃダメ」と安岡力也も恐怖

芸能界最強説の真偽は?

 3月14日、がん闘病の末、天国へと旅だった俳優・渡瀬恒彦(享年72)。近年は『おみやさん』、『警視庁捜査一課9係』(ともにテレビ朝日系)などに出演、人情味あふれる芝居でお茶の間を魅了したが、若かりし日は危険なシーンも代役を拒否し凶暴な跳ねっ返り者のリアルさを追求した。そのため『北陸代理戦争』(1977年、深作欣二監督)では、雪原で横転したジープの下敷きになり、生死の淵をさまよう大怪我を負っている。大事故にもかかわらず渡瀬が奇跡的に命を取り止めたのは、強靱な肉体をもっていたことも理由のひとつだろう。

 高校時代は柔道、大学では空手(二段)やボクシングで体を鍛え抜いた。松方弘樹、梅宮辰夫といったケンカ自慢で鳴らす同世代の強面役者でさえ「恒彦とは喧嘩しない」と漏らしたほど。渡瀬の“芸能界最強伝説”は今も語り継がれている。「元プロ格闘家をKOした」「本物のヤクザが“アイツにはかなわない”と認めた」など、様々な武勇伝が残っているものの、いずれも“伝説”の域を出ない。

 しかし、ドラマ『まひる野』(1977年、フジテレビ系)以来、映画『戦国自衛隊』(1979年)など数々の作品で渡せと共演し、家族ぐるみで交流を続けてきた40年来の親友である俳優・江藤潤(65)は、こんな現場に立ち会ったことがあるという。

「仲間で飲んでいる時に、『テレビに出てるからって気取りやがって』とガラの悪い連中がからんできたんです。売り言葉に買い言葉でケンカが始まりそうになると、恒さんが『お客さんの飲んでるところで、迷惑かけますから。そちらの方、ちょっと、表に出ていただけますか?』と連中に優しく語りかけて、そして僕たちには『お前ら、ここで待ってろ』と。

 しばらくすると、恒さんはちょっと着崩れた感じで戻ってきて、『もう終わったから大丈夫』というんです。まあ、相手の雰囲気から“お話”で済む感じではなかったですから、パンパーンってやったんでしょうね(笑い)」

関連記事

トピックス