• TOP
  • 国内
  • 年収1000万円男性と不倫して出産する人生がなぜ「得」なのか

国内

2017.04.04 16:00  NEWSポストセブン

年収1000万円男性と不倫して出産する人生がなぜ「得」なのか

■結婚という形にこだわるがゆえに、愛のない選択をすることに

──法律上の妨げはなくとも、それでも結婚を望む男女は多いように感じます。

藤沢:やはり、日本人は「結婚」が大好きですからね。本にも書いたように、実際、まともな所得がある男性と結婚した女性は大きな既得権益を手にします。もちろん、それはそれでいいと思うんですよ。じゃあ、そういうまともな男性と結婚できなかったら、他に選択肢はないのか、という話なんです。

 多くの女性は所得の高い男性との結婚を望んでいる。一方、年収1000万円以上の男性は全体の6、7%であるように、所得の高い男性って少ししかいない。また、所得の高い男性にしてみたら、結婚は大きな負担が伴う契約で、気軽には踏み切れない。要は、女性が自分の望むような男性と結婚できる可能性は極めて低いんですよ。そんな低い可能性に賭けている女性を見ると、どうしてもっとマクロな視点を持ち冷静になれないのかな、と不思議に思います。

──その結果、女性が二極化している、と本で書かれています。

藤沢:理想的な結婚ができた人は法律にがっちり守られた幸せを手にする一方、結婚できない人は生涯未婚のまま子どもを産まない、という状態が続くのです。この二択しかない状況が、僕にはいいと思えないんですね。多くの女性は、できるならば好きな男と幸せになりたい、あるいは子どもを産みたいと願っている。それを実現する道が、イコール<結婚>のみであることに、疑問を感じるのです。

 例えば愛した人にすでに妻がいて、結婚はできなかったとしても、愛人として子を産み、養育費をもらって暮らす人生もあるのではないでしょうか。経済的な面に限って言えば、年収600万円の男性と結婚するより、年収1000万円以上の男性と不倫をして子どもを産んだほうが、養育費だけでも得することになります。詳しくは本を読んでいただきたい。

──事実婚が増えれば出生率も上がりますか?

藤沢:いま日本の出生率は1.4程度です。事実婚が広がれば1.8くらいまでは上がると僕は予想しています。フランスや北欧のように2.0程度まで上げるには、さらに国の補助などの政策が必要でしょうね。好きな男性と好きなときに子どもを産んでも、政府がちゃんとシングルマザーを補助するようにしないといけません。

 でも、僕が事実婚を言うのは、何も少子化対策のためではないんです。個人の幸せを考えて、そう思います。いまは男も女も働く時代、みな、もっと自由に生きればいいと思うんですよ。結婚という形にあまりにもこだわるがゆえに、結婚できないからといって好きな男を諦める、という愛のない選択を女性はすることになる。僕には理解できません。愛は、すべてのものに優先しないといけないものですから。

関連記事

トピックス