• TOP
  • 国内
  • 年収1000万円男性と不倫して出産する人生がなぜ「得」なのか

国内

2017.04.04 16:00  NEWSポストセブン

年収1000万円男性と不倫して出産する人生がなぜ「得」なのか

■人間味あふれる一夫多妻、心温まる一夫多妻とは?

──藤沢さんが仰っている事実婚には、<一夫多妻>が含まれます。一人の男性を複数の女性が取り合うわけで、軋轢は生じないでしょうか?

藤沢 取り合う、ではなく、シェア、ですね。確かに、軋轢は起きるかもしれないけど、それを補ってあまりあるメリットがあればいいんじゃないでしょうか。文化人類学者たちの研究によると、そもそも社会の「数」で見ると、いまでも一夫多妻制が多いんです。実際、恋愛市場って一夫多妻的ですよね。一部のモテる男性に女性が集まるという意味で。

 とはいえ、GDPベースで見ると、一夫一妻制が圧倒的な割合を占めます。先進国のほとんどが一夫一妻制だからですね。だから僕も、一夫一妻制が果たしてきた大きな役割については認めています。一夫一妻制だからこそ、すべての男性に女性がいきわたり、社会が安定し、経済が発展し、国力が上がった。そうではない中東諸国の不安定さを見れば、一夫一妻制には、社会の発展のために大きな意味があったと考えざるをえません。

 誤解している人もいますが、一夫一妻制って、女性のためではなく、男性の中間層にこそ有利な配偶システムなんですよ。

──では一夫多妻制になると、どうしてもあまる男性が出てきますよね。彼らはそれでいいのでしょうか?

藤沢:僕は科学技術の力でそれは解決できると信じています。性産業がこれだけ発達していますし、インターネット技術のおかげで良質なポルノ動画が行き渡っています。だから僕は、いまの先進国なら、個人の自由意志に基づく、平和な一夫多妻制が実現できると考えているのです。たとえ現実の女の人に相手にされなくても、資本主義経済のおかげで、性欲や恋愛欲を満たすためのサービスはどんどん生まれてくるからです。

関連記事

トピックス