• TOP
  • 芸能
  • 『小さな巨人』みんながみんなポケットに手を入れすぎ

芸能

2017.05.21 07:00  NEWSポストセブン

『小さな巨人』みんながみんなポケットに手を入れすぎ

『小さな巨人』でちょっと気になるのは…(公式HPより)

 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になった著名人をピックアップ。記者会見などでの表情や仕草から、その人物の深層心理を推察する「今週の顔」。今回は、ドラマ『小さな巨人』での俳優たちの仕草に注目。

 * * *
 日曜夜9時。ちょっと暗めだが盛り上げ感のあるオープニング曲に乗って、「われわれは~」という俳優、長谷川博己演じる香坂信一郎の声が流れる。今週もTBS系日曜劇場『小さな巨人』の時間がやってきた。

 ドラマは警視庁捜査1課長を目指していたエリート刑事・香坂が、あるミスから所轄に左遷され出世街道から外れるも、巨大な警察組織の中で己の正義を信じ、悪と対峙し奮闘する姿を描く警察エンターテインメント。

 このドラマ、事件がすっきり気持ちよく解決されるわけでもなければ、「敵は味方のフリをする」というキャッチフレーズの通り、香坂の本当の敵が誰なのかもいまだにわからない。視聴者の予想は裏切るものの、期待は裏切らないという先読みできない展開が面白い。

 主演の長谷川博己には影の薄い優柔不断な演技より、『MOZU』や『シン・ゴジラ』の役に見る透明感のある硬さと、エキセントリックな感じの演技の印象が強いと思う。

 彼の独特の存在感からくるものもあるが、ついつい長谷川の口の動きに目がいってしまうという要素は大きい。このドラマでも、演技に熱が入れば入るほど、滑舌に苦手意識があるのだろうと思うほどのセリフ回しで、口の動きが大きく激しくなってくる。あれではかえってセリフをかむのではないかと心配してしまうほどだ。

 この大げさすぎる口の動きと滑舌も、必死な感じと臨場感を伝えるには効果的だ。大きな表情は、その人の持つ強さや激しさ、切迫感や緊張感を感じさせやすい。きっちりとしたスーツ姿も相まって、主人公・香坂の正義感や生真面目さ、筋の通った芯の強さや愚直さという印象が強くなる。事件を追いながらも、一筋縄ではいかずに逆に追い詰められていく感じを出すにはぴったりだ。

 一方、口周りの筋肉に力が入りすぎていると、実力派刑事の余裕みたいなものや、老練な刑事のしたたかな印象からはちょっと遠ざかってしまう。あまりにぴったりと似合う高そうなスーツにはエリート感が漂い、ノンキャリという役柄のイメージではないが、警視庁と所轄の差を演出したかったのだろう。

 警察の姿を克明に描くというだけあり、所轄の刑事課は、他の警察ドラマよりも確かにリアル。だけどネットでも書かれているように、捜査1課長の部屋はあんなに広くないし豪華でもない。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス