芸能

あなそれ 他の不倫ドラマとの違いは行動への後悔のなさ

話題を呼んでいる”あなそれ”(ドラマの公式HPより)

 昨今のゲス不倫騒動もあって、初回から注目を集めている波瑠主演の不倫ドラマ『あなたのことはそれほど』(TBS系)。毎回、衝撃的な展開がSNSなどで話題を呼んでいるが、他の不倫ドラマとの違いはどこにあるのか? コラムニストのペリー荻野さんが解説する。

 * * *
 そんなわけで、盛り上がってきた『あなたのことはそれほど』。先日放送された第8話では、主人公・美都(波瑠)の夫・涼太(東出昌大)が、なかなか離婚届にサインせず、名字の渡辺をひらがなで書いたり、さんずいだけ書いたり、「涼太」を「涼犬」と書いたりと、笑えそうで笑えない行動を連発。一方、浮気がバレた有島くん(鈴木伸之)は妻の麗華(仲里依紗)との暮らしにへとへと状態。そんな中、美都が妊娠!? 
 
 ますます怖い展開だが、このドラマには、これまでの不倫名作ドラマとは違う特長がある。まず、一線を越えるまでの垣根の低さ。エロや愛欲も感じられず、思い出作りのような不倫関係。伝統的に「よろめきドラマ」ともいわれる(由来は三島由紀夫の『美徳のよろめき』から発したとされる)不倫のドラマは、事に至るまで、またはその後の葛藤や後悔が軸になってきた。

 どっぷりベッドシーンが話題になった鈴木京香の『セカンドバージン』然り、全編涙目の上戸彩の『昼顔』然り。ところが美都は、中学時代の同級生有島くんとにこにこと関係を続け、妊娠かもと思っても「有島君。私なんとできてしまったんです!って今度は趣味じゃなくて子供だよ」とうっかりLINEしそうになったりする。

 すごい文面だ。彼女が葛藤しているのは、異常な行動をとる涼太と結婚したことと別れられないことで、自分がしたことにはあまり後悔もない感じ。美都が次に何を言い出すのか?と目が離せない仕組みなのだ。

関連記事

トピックス

インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
胃腸薬服用の注意点は?(イメージ)
名医が自宅でのんでいる【とっておきの市販薬】「解熱鎮痛剤」と「鼻とのどの薬」
女性セブン