• TOP
  • 国内
  • 日本兵と心を通わせた豹「ハチ」の物語【後編】

国内

2017.08.15 07:00  女性セブン

日本兵と心を通わせた豹「ハチ」の物語【後編】

 無慈悲な命令だが、国の指示を無視することはできない。上野動物園は翌17日以降、やむなく命令を実行していくことになる。ツキノワグマ、ライオン、トラ、チーター…。次々に毒殺されていく動物たち。使用された薬品は硝酸ストリキニーネ。わずか3gで体重300kgのヒグマを絶命させる猛毒である。

「餌に毒を混ぜて与えたのですが、実際には動物側が不審に感じ、餌を食べようとしないケースが頻発したようです。その場合はロープで首を締めたり、鈍器で殴打するなどして殺しました。いざ餌を食べても急死せず、血を吐きながらのたうち回り、苦悶の末に時間をかけて死んでいく動物も多かったといいます」(森院長)

 8月18日、ついにハチの番がやってきた。硝酸ストリキニーネを混ぜた餌を係員が置く。すると、他の動物と違い、ハチは疑いもせず口に入れたという。人間に愛され、人間を愛したハチである。目の前の餌が、自分を殺すためのものだとは微塵も思わなかったのだ。

 福田園長代理の自著『動物園物語』(駿河台書房)に、ハチの最後の描写がある。

〈豹は食べるとすぐ、顔をしかめ、口を曲げ、口の中の物を取ろうとでもするのか、前肢を口へ持って行くのです。が、急にごろりと横になり、目を時々閉じています。すると急に起きあがって歩き出しました。が、四肢の硬直がきて、ついに倒れてしまい、二度と立つことが出来なかった〉

 人間に拾われ、人間に育てられ、人間に命を救われたハチだったが、最後は信じ続けた人間に殺されたのだった。

「戦争は、いちばん弱いものへとしわ寄せが行きます。その象徴が猛獣の処分であり、ハチの死でした。戦場でのし烈な戦いの裏で、勝敗にかかわらず殺されていった弱者が存在したのです」(門田氏)

 上野動物園が殺処分を実施したことで、全国各地の動物園に同じ動きが波及し、前出の森院長によれば、少なくとも全国で150頭を超える猛獣が殺されたという。

「遺体は食肉用や皮革製品に利用され、一部は剥製になったものもあります」(森院長)

 理由は定かではないが、ハチもまた剥製にされ、上野動物園に保存された。

◆泣きながら話しかけ続ける元隊員

 1週間後、福田からの電報でハチの死を知った成岡の絶望は、計り知れぬものだった。

「ちょうどその8月、成岡小隊長は2か月の特別休暇を与えられ、高知に帰ってきていた。ハチは元気かと問うた返事が、死を告げるものだったのは、運命の皮肉としかいいようがない。帝都東京ならいちばん安全だと確信し、ハチを上野動物公園に預けたわけです。まさか動物園によって殺されるなんて、予想だにしていなかったでしょう。2か月後、隊に戻った彼からハチの死を聞かされた鯨部隊の隊員たちは、涙に暮れたといいます」(門田氏)

関連記事

トピックス