• TOP
  • 国内
  • 芸人に仮想通貨ブーム 淳、吉村は大儲け? おかずは大損か

国内

2018.02.01 07:00  女性セブン

芸人に仮想通貨ブーム 淳、吉村は大儲け? おかずは大損か

 多くの人は、すでに広く流通しているビットコインなどを誰かから買って、値上がりを待つことで儲ける。株や金への投資と一緒だ。しかし、一部の人たちは「新しい仮想通貨」を自分たちで作って、知名度を上げて価値を上げて、高く売り捌くことで儲けようとしている。ビットコインを最初に“タダ”で作った人は、今や億万長者だとされる。

 市川海老蔵(40才)は昨年11月にビットコインを購入したと報じられた。

「『出川組』と同じく新規参入組です。もし本当に11月に買っていたら暴落で大損したでしょうね。仮に5000万円分買っていれば、たった2か月ほどで3000万円分を損失したことになります」(前出・金融ジャーナリスト)

 昨年12月のM-1チャンピオン「とろサーモン」の久保田かずのぶ(38才)は、「優勝賞金1000万円で仮想通貨を購入する」とテレビで発言。本当に購入していたら、今頃は青い顔だろう。

 ダウンタウンの松本人志(54才)も『ワイドナショー』(フジテレビ系、1月21日放送)で、ビットコイン取引をやっていることを明かした。

「安い時期にビットコインを買ったそうです。大暴落がありましたが、買った時は安かったそうなので大きな被害には遭わなかったそうです」(テレビ局関係者)

 同番組では、お笑い芸人の間でもビットコインが注目されていると伝えられた。そのブームの中心にいるのが、たむらけんじ(44才)で、たむらの成功を見て、貯金を仮想通貨に注ぎ込む芸人が増えているという。

「ブームになった後に買って苦戦する芸人も多い。最近になって投資を始めたお笑いコンビ『おかずクラブ』の2人は損をしているようです。さまざまな事業に手を出しては失敗を繰り返すことで有名で、“事業失敗王”と呼ばれる『かつみ・さゆり』のかつみ(54才)は、ビットコインを買った瞬間に価格が4割も暴落して、たむけんに『頼むから手を引いてくれ』と土下座されたそうです(笑い)」(前出・テレビ局関係者)

 儲けているとされるのは、「平成ノブシコブシ」の吉村崇(37才)。

「2016年2月に番組の企画でビットコインを知り、1ビットコインが5万円だった時に100万円ほど投資したそうです。一時期は損したそうですが持ち直して、今では億単位を稼いだ“億り人”だと囁かれています」(芸能関係者)

 芸人界では、「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳(44才)も「ビットコイン長者」だともっぱらの噂だ。

「2014年頃から仮想通貨の投資を始めたそうです。取引所の閉鎖トラブルなどで損もしたそうですが、“絶対にまた上がる”と投資し続けたと。おかげで数億円以上も稼いでいるなんて話も出ています」(前出・芸能関係者)

 仮想通貨はその利便性から、今後ますます私たちの生活に身近になりそう。そのリスクも含めて、「やっぱり知らないんだあ」ではすまない時代がやってきそうだ。

※女性セブン2018年2月15日号

関連記事

トピックス