• TOP
  • 芸能
  • 博多華丸 東京歴が長くなり「博多を名乗るのは…」と複雑

芸能

2018.04.05 07:00  女性セブン

博多華丸 東京歴が長くなり「博多を名乗るのは…」と複雑

新「あさイチ」も息ピッタリ(写真は4月2日の記者会見)

 井ノ原快彦(41才)と有働由美子アナ(49才)の名コンビによる『あさイチ』最終放送日(3月30日)のテーマは「引き継ぎの極意」。ゲストに新MCの博多華丸・大吉と近江友里恵アナ(29才)が登場し、公開バトンタッチが行われた。

「放送終了後はNHKの会議室で、局内の食堂からのケータリングという庶民的な打ち上げが行われました。華丸さん(47才)、大吉さん(47才)も参加し、朝ドラでおなじみのリレーバトンも行われ、花束贈呈があったそうです」(番組関係者)

 迎えた運命の初回放送4月2日。スタジオのセットはそれまでカラフルだったが一新され、青色ベースに変わった。

「冒頭、大吉さんが『違和感しかないでしょ。(視聴者と)お互いさまです』と自虐まじりに挨拶。その後、華丸さんがスタジオについて『だいぶ青いですね』と指摘すると、大吉さんがその日に始まった朝ドラのタイトルを引き合いに、『半分、青い。ですけどね』と切り返し、イノッチと有働アナが得意としていた“朝ドラ受け”もうまく引き継いでいました」(前出・番組関係者)

 初々しいドタバタを期待していた視聴者にはちょっと期待ハズレだったかもしれないぐらい、ソツのない堂々の滑り出し。でも、彼らは人知れず悩みを抱えているのだとか。

 1990年にデビューした2人は主に福岡で活動。2005年に上京して活動の拠点を東京に移したが、コンビ名の通り、地元への愛は博多湾よりも深い。

「番組や舞台への差し入れは必ず福岡の銘菓や名産品です。仕事で福岡に行くと、帯同したマネジャーや番組スタッフにいつも博多のおいしいものをご馳走する。とにかく福岡を好きになってほしいと、いつも気を配っていますね」(芸能関係者)

 しかし、そんな地元愛と反比例して東京で積み重ねるキャリアの長さが華丸を悩ませているという。

「改名を真剣に考えているんです。上京して今年で13年目になり、あと2年経つと東京での活動歴が福岡と並びます。天然というか純粋な華丸さんは、“もう博多を名乗るのはおかしいのでは”と心が揺れ動いているそうです。でも、地元は好きやけん…と本気で頭を悩ませています」(前出・芸能関係者)

 上京して15年目は、東京五輪開催の2020年。

「時期的にもちょうどいいですし、期間限定で『東京華丸・大吉』に改名するかもしれませんね。ただ、“違和感しかない”ですけど(笑い)」(前出・芸能関係者)

 福岡県民からの「なんばしよっと!」というツッコミが聞こえる。

※女性セブン2018年4月19日号

関連記事

トピックス