• TOP
  • 芸能
  • 歌舞伎界で崖っぷちの片岡愛之助 海老蔵までが黙殺

芸能

2018.04.08 07:00  女性セブン

歌舞伎界で崖っぷちの片岡愛之助 海老蔵までが黙殺

愛之助について言及せず

 世襲が基本の歌舞伎界にあって、一般家庭出身の片岡愛之助(46才)の存在は異色だ。子役として活動しているところを故・十三代目片岡仁左衛門に見出され、9才の時に「片岡千代丸」としてデビュー。19才で仁左衛門の息子・秀太郎の養子となり、六代目片岡愛之助を襲名した。

「当時の愛之助さんは、“自分はよそ者だから”と負い目を感じていたようで、その分、努力は人一倍でした。しかも、謙虚で腰が低く、人なつっこい性格だったので、贔屓にする後援者も多かった」(松嶋屋関係者)

 そんな愛之助は、ドラマ『半沢直樹』でのヒール役の好演などもあり、大ブレークを果たすと、仕事の幅が一気に広がる。しかし、一方ではこんな声も。

「“片岡愛之助の名前を返せ!”という声が、当主の片岡仁左衛門さん(74才)や片岡秀太郎さん(76才)を中心とする松嶋屋の内部から噴出しているというのです。一部の先達たちは“こんなに歌舞伎をないがしろにし続けるならもう辞めたほうがいい”とかなりご立腹だとか。愛之助さんからすれば、歌舞伎の発展もみすえて、舞台やドラマに出演しているのであって、決してないがしろにしているつもりではないのかもしれませんが…」(歌舞伎関係者)

 愛之助が一躍注目を浴びたきっかけは、2010年11月の市川海老蔵(40才)暴行事件だ。顔にけがを負った海老蔵の代役として、たった3日間の稽古で『吉例顔見世興行』を見事に演じ、喝采を浴びた。愛之助にとって、年が近く、歌舞伎界きっての名門・成田屋の本流である市川海老蔵は「盟友」だった。

「お互いを“愛ちゃん”“海老蔵さん”と呼び合う仲で、そもそも愛之助さんがブログを始めたのも、海老蔵さんのアドバイスでした。ただ、お互いのブログに登場していたはずが、ここ1年半以上、海老蔵さんのブログには一切登場していないんです。藤原紀香さんとの結婚式の時、海老蔵は“2人の幸せを分けていただき幸せです”とコメントし、(妻である)小林麻央さんと出席できない寂しさを綴っていましたが、それ以来、公の場で愛之助さんのことに触れていないと思いますよ」(別の歌舞伎関係者)

 愛之助が「隠し子騒動」や熊切あさ美(37才)との交際で世間を騒がせ、『半沢直樹』で大ブレークし、「ラブリン・ブーム」を巻き起こしてから5年が経った。

関連記事

トピックス