• TOP
  • 国内
  • 今上天皇のお言葉の意味 親子二代で「人間宣言」を完成した

国内

2018.05.10 07:00  SAPIO

今上天皇のお言葉の意味 親子二代で「人間宣言」を完成した

思想史研究家の片山杜秀氏


片山:つまりは、逆に浸透しているんじゃないかということですか。たしかに天皇が当たり前だという状態になって、賛成するにしても反対するにしても熱がない。譲位問題をどう議論するのかという前提をクリアするエネルギーすら国民にはない気がしました。

佐藤:タブー化されてはいないけど関心がないってことは、それだけ日本人の心の中に無意識のレベルで入り込んでいるのだと思います。といって宗教化しているというわけでもなく、習慣や文化のなかに深く入り込んでいる。 

 そういう意味では、昭和までは天皇が戦後のシンボルとして機能していた。しかし平成になり、その機能が弱まってしまったとは言えるかもしれません。

片山:その原因は昭和天皇と今上天皇を比較すると見えてきます。昭和天皇は、かつての現人神という強いカリスマ性を持っていました。しかし今上天皇にはそれがない。昭和8年生まれの今上天皇は、純粋に戦後民主主義のなかで育てられました。アメリカ人の児童文学者、ヴァイニング夫人(注2)が家庭教師になり、大正時代にヨーロッパに留学した親英国派で反マルクス主義の経済学者、小泉信三(注3)が教育の責任者をつとめた。戦後のリベラル的な理想像のハイブリッドの教育を受けた。また本人もその自覚を持っている。

【注2/ヴァイニング夫人、1902~1999。アメリカの児童文学作家。1946年にGHQに皇太子明仁親王の家庭教師に選ばれ来日する。4年間、皇太子らに英語教育などを行った。著書に皇太子との交流を描いた『皇太子の窓』がある。】

【注3/小泉信三、1888~1966。元慶應義塾大学塾長。イギリス古典派経済学研究とマルクス主義批判で知られる。戦後は皇太子明仁親王の教育と皇室の近代化につくした。】

関連記事

トピックス