芸能

『花のち晴れ』に井上真央と阿部力が出演しない事情とは

『花のち晴れ』への出演に注目が集まっていたが…

 今クールのドラマで、話題を独占した土曜深夜のドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)に次ぎ、「視聴熱」で迫るのが、『花のち晴れ』(TBS系)だ。初回の放送から最終話に向けて、週を重ねるごとにファンの視線は熱くなっている。

 視聴熱とは、2016年12月から『ザテレビジョン』が始めた、SNSなどを分析して今熱い番組を独自に測る指標。4~10日の週でいうと、視聴率では『半分、青い。』(NHK)、『ブラックペアン』(TBS系)、『特捜9』(テレビ朝日系)がトップ3だが、視聴熱では冒頭の2つがツートップなのだ。

 これまでの『花晴れ』放送では、「リアルF4が出てくるなんて感激! 松本潤の道明寺サイコー」「小栗くんも翔太くんもパワーアップしてる!」など、SNSが熱を帯びたコメントだらけに。その中でも最も多いのが「なんで井上真央ちゃん(31才)が出ないの?」という声だ。

 そもそも『花晴れ』は、2005年放送の大ヒットドラマ『花より男子』の続編。

 井上演じる主人公・牧野つくしと、松本潤(34才)、小栗旬(35才)、松田翔太(32才)、阿部力(36才)が演じる“花の4人組”こと「F4」の交流、そして恋が描かれた作品で、大ヒットを受け、2007年には第2シリーズも制作され、最終話は最高視聴率27.6%を記録した。

 それを受けての『花晴れ』の主演は杉咲花(20才)。アイドルグループ「King&Prince」の平野紫耀(21才)や、俳優の中川大志(20才)らが脇を固めている。さらに、第1話で松本、第3話で小栗、10話では松田がゲスト出演。

『花男』で松本の姉役だった松嶋菜々子(44才)の夫・反町隆史(44才)が杉咲の父を演じるなど、前作ファンを喜ばせる仕掛けがふんだん。それだけに、主演していた井上の登場に注目が集まっていた。

 6月17日夕方、都内の住宅街で『花晴れ』最終話の撮影が行われていた。現場には、杉咲や平野、主人公の母役の菊池桃子(50才)がいたが、そこに井上の姿はなかった。

「この日は主人公の自宅のシーンの撮影でした。平野さんが演技の合間にモニターチェックをしたり、杉咲さんが菊池さんと仲よく並んで路地を歩いたりしていましたよ。ドラマの中での制服を着ていたから、まるでドラマから彼女たちが飛び出してきたみたいでした」(目撃した人)

 最終話まで、井上の出演は残念ながらないという。

「『花男』の放送終了後に井上さんと松本さんが破局したからでは、と噂されていましたが、実際の理由は別にあります。井上さんは2016年に長年所属した事務所を離れましたが、その経緯は円満とは言いがたいものでした。それもあって、元の事務所が制作にかかわっているこのドラマへの出演は難しかったようです」(テレビ局関係者)

 そして、F4の1人である阿部も出演の予定がない。

「阿部さんは、上原多香子さん(35才)との不倫で上原さんの夫が自殺した騒動から、本人も舞台の予定はあるものの“テレビはもう出られない”と言っているようです」(芸能関係者)

 ファンとしては、それでもと願ってしまう。原作はまだ連載中。『花晴れ』続編、映画化がもしあったらその時は――と期待したい。

※女性セブン2018年7月5日号

関連記事

トピックス

デザインした服は多くの芸能人にも愛された三宅一生さん(写真は2001年、時事通信フォト)
イッセイミヤケ、芸能人にもファン多数 美輪明宏、楠田枝里子…愛された理由 
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
海賊版サイト「漫画村」に無断掲載され、約19億円の損害賠償の対象となった漫画作品(時事通信フォト)
漫画の海賊版被害 深刻なダメージを受けているのは有名作品だけではない
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン